« 2015年4月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年5月25日 (月)

20150525 堀口切子

先日、朝の情報番組で
「堀口切子(ほりぐちきりこ)」さんが
紹介されていました。


江戸文化の硝子細工である切子を現代風な
作風に仕上げて、各方面から注目されている
会社です。

この堀口切子の社長さんはまだ40歳前ですけど、
とっても立派な方です。

お爺さんが創業した「株式会社堀口硝子」に
入社して、安定した三代目だったのですけど、
独立して「堀口切子」を創業し現在の地位を
築いています。

お祖父さんや父親の力を借りずに、
自分の努力で世の中に認められるようになるには、
相当の努力が必要であったと思います。
その努力に頭が下がります。

さて、その対極にあるのが、「ナッツ姫」。
ここで説明するまでもなく、大韓航空機の
社長の娘で、離陸態勢に入った飛行機を戻して
しまったバカなお嬢様です。

隣国の方々のナッツ姫へのバッシングは
かなりスゴイものがありましたけど、
日本人でもこういうナッツ姫のような行為、
「親の権力の元でやりたい放題するバカ子達」の
行動は気分の良いものではありません。

ここまで酷いことではなくても、
よく見かけるのが、老舗のホームページやブログや
SNS。

若旦那と思われる方が、たいして修行もせずに
いろいろと言いたいことを書いているのを
見かけます。

日常のたわいもないことを書いているのなら
問題ないのですけど、同業者や業界を
批判するのはさすがにいただけません。

本人達はカッコイイと思っているのでしょうけど、
偉そうなことを発信するなら堀口切子さんと
同じく、まずは自分で独立してからでないと。

何か言いたいことがあるなら、独立してから
やるべきです。
…どうせそんな勇気はないのでしょうけど。

親は偉いのですけど、本人達はたいしたことは
ないのですから、例え情報発信であっても、
やはり親が創業した商売のことで、
二代目がしゃしゃりでてきてあーだこーだ言うのは、
読んでいて感じのいいものではありません。

しかも、それを読んだ人(お客さん)は
そんなことを知らずに、その二代目の発言を通して、
そのお店を判断してしまします。

「なんか感じの悪い店だなぁ。」と。

二代目が威張り散らしているということは、
創業者である親の顔に泥を塗りまくって
いるのと同じことです。

親の傘下にいて、会議やネットで偉そうな
発言をするのは、みっともないということを
本人達は知るべきです。

仲間から賛同されていい気になっていても、
そういう仲間は親の偉業に付いてきているだけで、
二代目の意見に賛同しているわけではないのです。

それに気が付かずいると、親がいなくなって
そのお店を継いだときになって初めて、
親の力でそのお店が成り立っていたこと、
そして自分の能力のなさに気が付くのです。

でも、時すで遅く、評判を落とした
こういうお店は簡単に潰れてしまうものです。
そういうお店や会社をたくさん見てきました。

二代目は控えめなくらいが丁度いいと
私は思うのです。

| | コメント (0)

2015年5月12日 (火)

20150512 ドライビールと美味しんぼ

アサヒビールのスーパードライという
ピールがあります。
いまでも大変な売れ行きで、あのピールを
マズいと言う人はあまりいないでしょう。

しかし、あのビールが発売された当時、
エセグルメ漫画の「美味しんぼ」が執拗にネガティブ
キャンペーンをしたことがあります。

鉄のさじを舐めたみたいな味だ、とか
これは本物のビールじゃない、とか。

でもこういう意見が、ただの言いがかりで、
消費者の意見がまったく違っていたことは
その後の市場を見れば明らかです。

ドライビールは、日本で改良された新しいビール。
美味しんぼの作者は、偉そうに評論家ぶって
何を基準に「本物じゃない」と
ドライビールを攻撃したのでしょう?

未だに私は、この「美味しんぼ」の作者が
何をしたかったのか理解できません。

----------------------------------------

鍼灸の業界では、新しい市場を開拓すべく
美容市場、特に「美顔鍼」という方法が
提案されました。

私のお店でもやってて、効果を感じられた多くの方が
リピートされています。

しかし、どこの業界でも同じです。
この美顔鍼を全面的に否定する人たちがいます。

誰かが何か新しいことをやろうとすると、
自分では何もできないくせに、偉そうに
必ずケチをつけたがるエセ評論家の方々。

顔だけに鍼をするのはホンモノじゃない、とか
鍼は全身治療だから全身治療をする鍼灸院に
行かないとだめだ、などと
お客さんには理解不能な理屈で攻撃してきます。

こういう人達は、自分の考えだけが正しいと
信じ込んで、鍼灸の新しい市場を開拓しようと
頑張っている多くの人達の足を引っ張っているに
過ぎません。

おそらく、自分の技術にまったく自信がなくて、
それで他人のやっていることを攻撃して、
自分が優位だと信じ込みたいだけなのでしょう。

世の中(市場)の動きが見えない、
他人のやることに何でもケチをつけたがる、
そういう人達は、何を言っても無駄です。
勝手に言わせておけばいいんです。

お客さんは美顔鍼の効果を感じているからこそ、
リピートして何度も施術を受けているのです。

ドライビールと同じく、
すでに市場がその答えを出してくれています。

| | コメント (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年9月 »