« 20150418 能力を知らない人には頼まない | トップページ | 20150512 ドライビールと美味しんぼ »

2015年4月20日 (月)

20150420 どこにあるのかわからないところには行けない

以前神奈川県に住んでいたとき、
トレッキング用品を購入するために、
横浜の某登山用品店に行きました。

当時はまだスマホなんてない時代で、
携帯電話のサイト検索機能から地図を見つけて、
それを頼りにそのお店を探しました。

ところが、どこにあるんだかまったくわからない。

おそらく近くにいるんでしょうけど、
その店舗がはいっている建物の外観が
わからないので、しばらくうろうろしていました。

いっしょに行っていたカミさんは疲れてしまい、
だんだん諦めムードになってきたころ、
ようやく見つけることができました。

現在、スマホを持って街をうろうろしている人を
よく見かけますが、おそらくどこかのお店を
探しているのでしょう。

当時に比べれば
格段に地図機能が向上しているはずなのに、
それでも「このお店はどこですか?」と
聞いてくる人が結構います。

つまりは、サイトに載っている地図って
土地勘のある人にはわかりやすいのですけど、
初めてその土地を訪問した人にとっては
とてもわかりにくいということだと
思うのです。

----------------------------------------

集客・集患を目的に、ホームページを使っている
ところが多くあります。

そういうところのホームページを見ると、
そのお店や院がどこにあるのか、
すぐにわかるところと
いったいどこにあるのかさっぱりわからない
ところがあります。

ひどいところになると、
市内にあるのかと思って見ていたら、
すごく遠い県北にある院だったり、
県外のお店だったり。

ホームページ作成業者さんや、
経営コンサルタントにお願いして作ったのであろう、
そういったとても綺麗なホームページなのに、
「どこにあるのかわからない。」
というところが多いのが、とても不思議です。

おそらく「地図を載せているから大丈夫」と思って
いるのでしょう。
でも、前述の私の経験から、地図ではそのお店が
どこにあるのか、よくわからないのです。

私の鍼灸院は、
道路からちょっと奥まっているので、
前の通りを歩いている人でも気が付かないことが
あるような立地です。

しかし、初めてでも、多くの方が迷わずに
来院されます。
県外ナンバーのクルマで来院される方でも、
迷うことなく来られます。

その理由は、地図を使わずに
「場所がわかる工夫」をしているからです。

ホームページは広告として強力なツールです。
しかし、どんなに素晴らしい情報を載せても、
結局そのお店がどこにあるのかわからなければ、
意味がありません。

地図を載せていても、お客さんが自ら何かの
マップ機能を使って、調べないといけないのであれば、
その時点で「行ってみようかな」という気持ちは
薄れてしまいます。

お客さん・患者さんは、
どこにあるのかわからないところには「行かない」のです。

|

« 20150418 能力を知らない人には頼まない | トップページ | 20150512 ドライビールと美味しんぼ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 20150418 能力を知らない人には頼まない | トップページ | 20150512 ドライビールと美味しんぼ »