« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月21日 (土)

20150221 知らなかったでは済まされない

鍼灸師や柔道整復師の養成学校(専門学校)では、
免許取得のための勉強はもちろんのこと、
卒業後に「即戦力」となれるよう、実技を徹底的に
教えてもらいます。

鍼灸師や柔道整復師は、卒業後にすぐ独立開業
する人も多いことから、開業の際の法的なことも
授業の一つとして教えられます。

その内容の一つが「保険施術」。

鍼灸師や柔道整復師は、保険を使った施術は
許されていますが、病院と異なり、それには
いろいろと制約があります。

例えば、鍼灸院で保険が使えるのは、
『主として神経痛リウマチ頸腕症候群
五十肩腰痛症及び頸椎捻挫後遺症等の
慢性的な疼痛を主症とする疾患の治療を
受けたとき』に保険の対象となります。

また、鍼灸施術を保険で受ける際には、
医師の同意書が必要であったり、
保険医療機関(病院、診療所など)で
同じ対象疾患の治療を受けている間は、
はり・きゅう施術を受けても保険の
対象にはなりません。


柔道整復師(接骨院)
も同様に、保険が
使える範囲も限られていて、
厚生労働省のHPでは、
『整骨院や接骨院で骨折脱臼打撲及び捻挫
(いわゆる肉ばなれを含む。)の施術を
受けた場合に保険の対象になります。
なお、骨折及び脱臼については、
緊急の場合を除き、あらかじめ医師の同意を
得ることが必要です。』と掲載されています。

また、接骨院で保険施術を受けるときの
注意事項として、
単なる肩こり、筋肉疲労などに対する施術は
保険の対象になりません。このような症状で
施術を受けた場合は、全額自己負担になります。
保険医療機関(病院、診療所など)で
同じ負傷等の治療中は、施術を受けても
保険等の対象になりません。』
と明記されています。

詳しくは、厚生労働省のHPをご覧ください。

ところが、いろいろな鍼灸院や接骨院の
ホームページを見ていると、時々この保険施術の
決まりを守らずに、適当なことをやっている
ところを見かけます。

例えば、とある接骨院では、施術内容と
掲載された内容に、【保険診療】として、
『肩こり、腰痛・ぎっくり腰、膝の痛み、
スポーツ障害、坐骨神経痛、メドマー、眼精疲労、
手・足のしびれ、オスグット、シンスプリント、
冷え性・むくみ、四十肩・五十肩、猫背、
寝違え、リハビリ、生理痛、女性特有の症状』
と掲載しています。

前述の厚生労働省のHPに掲載されている、
骨折、脱臼、打撲、捻挫』の一言も書かれて
いません。

いったい、「生理痛」や「女性特有の症状」が
どうして接骨院の保険適用症状なのでしょう?

つまり、この接骨院は、保険の不正請求
行っていることを、堂々とホームページに
掲載しているということです。

ホームページは「広告」ではありませんから、
あはき法や柔道整復師法で定められた内容に
それほど制約されません。
ですから、これら法律では広告として禁止
されている料金や術式、施術者の経歴の掲載は
許されています。

しかし、「保険適用内容」というのは、
キチンとした決まりに基づいて掲載しないと
いけません。
これは広告云々という次元ではありません。

開業された医師の場合は、地方厚生局の担当官
により診療報酬の審査があり、問題があれば
診療報酬の返還が求められるなど、厳しく
指導されていると聞きます。

果たして、私達鍼灸師や柔道整復師は
どうでしょう?
上記のような堂々と「不正請求」をして
いながら何も指導されないのは、
いかがなものでしょう?

鍼灸院や接骨院を経営する「経営者」は、
こういう制度をしっかりと勉強し理解し、
守っていかなければいけません。


「知らなかった」では済まされないのです。

保険の不正請求でしか院の経営・維持が
できないような無能な経営者は、
鍼灸院や接骨院を即刻廃業してもらいたいです。

この業界全体が、不正をやっているように
思われ、決まりを守って真面目にやっている
他の鍼灸院・接骨院が迷惑します。

| | コメント (0)

2015年2月16日 (月)

20150216 わからないものに手を出すと損をする

以前、「金持ち父さん貧乏父さん」っていうビジネス書が
流行ったことがありました。
今でも書店にあるかもしれません。

ロバート・キヨサキって経営コンサルタントが書いた
この本、私も読んで、不動産投資に手を出そうか
迷ったことがあります。

ワンルームや1Kのアパートを一棟買いして、
家賃収入でローンを返済すれば、
完済したときには土地が自分のものになる、
な~んて不動産投資です。

なんだか「自分も不動産投資家」になって
お金持ちの仲間入りができるような気分に
なったものですけど、実際にはやりませんでした。

その理由は・・・。
一棟買いしたアパートを、それを販売した会社に
一括で管理をお願いするっていう、その運営形態に
疑問があったからです。

「いったいその会社の従業員の給料はどこから
払われるの?」って考えたとき、もちろん
そのアパートの「オーナー」からの手数料なのです。

これでは、不動産投資しても「まったく儲からない。」
ってことに気が付いたのです。

自分で管理できないもの、他人に委託して管理して
もらうものは、当然その会社も従業員に給料を払う
必要がありますから、とってもお金が掛かってしまいます。

不動産投資で儲かっている大家さんは、
業者さんにお願いせず、必ず自分で管理しているもの
なのです。

---------------------------------------------

鍼灸院を始めるときに、ホームページによる営業が
絶対に必要って考えて、サラリーマンのときから
コツコツ勉強していました。

そのお蔭で、私の鍼灸院のホームページは、
全て私が作っていますし、管理もアップデートも
全て私がやっています。

GoogleのPPC広告にしても、自分で勉強して少しずつ
改善ながら十分広告として機能しています。

こういうことを自分でやることで、
ホームページを使った広告は、プロバイダーの費用や
ドメインの維持・管理料、ホームページ作成ソフトの
購入費、PPC広告の実費しか掛かっていません。

一ヶ月に掛かる経費は、新規患者さんが数人来院
されただけで元が取れる数字になっています。

もしこれが専門業者さんにお願いして作ってもらったなら。
作成だけで20万円~30万円、管理費やら何やらで
年間数十万円。
修正をお願いすれば、ちょっとした変更でも都度
2~3万円は取られることでしょう。

年間売上数千万円~数億円っていう大規模な
接骨院や鍼灸接骨院ならそんな金額は
たいしたことはないです。

でも、年間売上が数百万円の個人で細々と
やっている鍼灸院で、この金額はけっこうな負担に
なってきます。

よく、「ホームページ集客をするなら、専門の業者に
依頼して自分は施術に専念したほうがいい。」っていう
広告を見かけます。

これは開業時の「短期間」で考えれば正しい選択だと
思います。
しかし問題はその後。

ちょっと内容を変更したいと思っても、
業者さんに丸投げして作ってもらって、管理まで
お願いしているホームページは、僅かな変更にも
お金が掛かります。

その理由は簡単です。
その業者さんにも従業員が居て、その人達に給料を
払わないといけないから。
少しでも仕事を増やして、お金を稼がないと
いけないからです。

今年になって、GoogleさんのPPC広告が
「医療広告ガイドライン」に準拠していないホームページを
強制停止する「事件」がありました。

うちの場合は、事前にこういうこともあるだろうと、
ホームページの内容を修正していたので
停止されることはありませんでした。

しかし、PPC広告を出していた他の鍼灸院は、
広告の強制停止の憂き目にあったようです。

こういう鍼灸院の多くは、「患者さんの声」とか、
「施術前後のbefore/after」を掲載していました。
たぶん、こういう内容を掲載すると新規集患に
効果がある、とでもホームページ作成業者さんに
言われていたのでしょう。

でも、この表現方法が広告として問題があることは、
以前から美容形成外科の広告で指摘されていたことです。
PPC広告が「広告」であることを理解し、
自分でホームページを作成して、そしてこのような情報に
敏感になっていれば、予め対処できたはずです。

こういう鍼灸院のPPC広告が未だに
表示されないところを見ると、対応方法すら
わからないのでしょう。
もしかするとPPC広告さえ、業者さんにお願いして
出していたのかもしれません。

おそらく今頃、ホームページ作成を依頼した業者さんから、
「PPC広告対応のホームページに修正しませんか?」とか、
「PPC広告を再掲載させるには、
これくらい費用がかかりますよ。」
なんて資料が送られてきていることでしょう。

個人で細々とやっている鍼灸院では、
ホームページは、できるだけ自分で作成して、
自分で修正できるくらいでないとネット集客は難しいと
思います。

業者さんに頼むと、コストが掛かり過ぎます。

開業しても毎日患者さんがたくさん来るわけでは
ありませんから、施術の合間に勉強してホームページ
くらいは自分で作れるようにならないと。

それができないなら、ネット集客は諦めるか
やらないことです。
別の集客方法を考えたほうがいいと思います。

不動産投資にしてもホームページ作成にしても同じです。
業者さんの話しを鵜呑みにすると、自分は儲からずに
業者さんばかりが儲かってしまうということです。

| | コメント (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »