« 2012年5月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年6月26日 (火)

20120626 負け犬

弱い自信のない犬ほど、やたらと吠える。
強い自信のある犬は、めったに吠えることはない。

-------------------

自分の技術に自信がないとき、他と比較して批判し
自分の優位性を主張することがあります。

しかし、その技術が比較できないほど素晴らしい
ものであれば、他と比較して優位性を主張する
必要はありません。

新製品のカタログなどを見ると、「業界初」とか
「他社に先駆け採用」などの文字を見かける
ことがあります。

でも、よくその内容を見ると、何が新しいのか
さっぱりわからないものがあります。
自社の製品の良さを、他社と比較しないと
表現できないからです。

しかし、iPhoneなど、文化さえも変えてしまう
画期的な製品では、そんな他社との比較などは
しません。

それは、その技術が他社と比較できないほど
優れているからです。

---------------------

当院の鍼治療は、浅野周先生が考えられた北京堂鍼灸
という技術を使っています。

この北京堂鍼灸を実際に自分が受けてみて、
その素晴らしさを理解し、
「この技術を身につけたい」と思い、
夫婦二人ともにこの技術を習得して
治療にあたっています。

北京堂鍼灸では、患者さんの症状によっては、
かなり深いところまで鍼を刺します。
その理由は、標的とする患部が筋肉であるため、
深く刺さないと効果が出にくいためです。

対象が筋肉の鍼治療において、この北京堂鍼灸は
他の治療技術よりも優れていると私たちは考えています。

----------------

ところが、時々、この当院の治療方法、
北京堂鍼灸を批判される方がいらっしゃいます。

「鍼は深く刺すのは邪道だ。」
「そんなのは、下手な鍼灸師がやることだ。」
「うちの鍼灸院ではそんなことはせずに・・・」
云々。

ブログなどに見られるこれらの文章を見るに、
どうも、他院の治療技術を誹謗中傷して
自分の優位性を主張するこれらの方々は、
自分の技術に自信が無いように思われます。

自分の技術に自信があって、信念を持ってその技術を
使っているのなら、他の鍼灸院の技術など
どうでもよいのです。

そこには、自分の弱さを隠したいがために
他者を攻撃して、きゃんきゃん吠えている
小さな弱い負け犬の姿しか見えないのです。

そして、業界外の第三者から見れば、
このような他の治療院を陥れようとする行為は、
自分自身の人間としての評価を落とし、
自分の経営する治療院の評判を下げ、
この業界全体がお互いに足の引っ張り合いをする
愚かな人間の集団と映り、
結果として、自分の不利益となっていることに、
気が付いていないのです。

|

2012年6月13日 (水)

20120613 効用の説明

そのものの効用を説明するには、
聞き手の立場になった言葉でないと、
聞き手は理解できない。

------------------

以前、エンジニアをしていたときに、自分たちが
開発した製品を、展示会や客先で説明することが
ありました。

私が最後に担当した製品は、
「デジタル画像を光信号に変換して、
長距離伝送を可能にしたもの」でした。

何のことだかわからない方もいらっしゃると
思います。
しかし、説明の仕方を変えると、
「デジタル画像の伝送は、いままでで10m伝送が
限界だったけど、それを1km伝送できるように
した装置。」ということです。

どちらの説明が、よくわかるでしょうか?
前者は、「作り手側からの説明」
後者は、「使い手側に立った説明」です。

聞き手、つまり使い手(ユーザー)がわかりやすいのは、
後者のほうだと思います。
ユーザーは、光信号を使うことなどどうでもよくて、
「どういう効用があるか」に興味があるのです。

エンジニアであった私は、「いかに自分が開発した
製品が素晴らしいか」を説明するために、
その構成(光信号を使うこと)を説明しがちでした。

しかし、営業の方と客先に同行し、厳しく指導を受け、
後者のように説明するようにしたところ、
お客さんにもこちらの話をしっかりと
聞いてくれ、商談に進めるようになりました。

---------------------

そして現在。

鍼灸治療に来られた患者さんから、
よく「どうして鍼が効くんですか?」という
質問があります。

私はこのとき、患者さんがわかりやすいように
生理学的・解剖学的な話を、たとえ話を使って
簡潔に説明するようにしています。

これは、二天堂鍼灸院の中野先生からの
受け売りなのですが、とても理解しやすい説明です。

この説明をすると、ほとんどの患者さんが
「へぇ~、なるほどねぇ。」と理解してくれます。
そして、鍼治療後にしばらく日が経ってからの
ほうが、より効果を実感できることもわかって
もらえるのです。

鍼灸治療というと、とかく「東洋医学では云々」
とか、「気の流れが云々」などと説明したくなります。
もちろん、それで患者さんが理解できるように
うまく説明ができれば、何も問題ありません。

しかし、東洋医学をよく知らない、気の流れなんて
初めて聞いた、という患者さんに、このような
説明をして、理解してもらうのはとっても難しい
のではないでしょうか?
少なくとも、私のような工学部出身の理屈っぽい人
が相手のときには、難しいと思います。

私は東洋医学での、気血の流れや様々なことを
否定するつもりはありません。
授業でしっかり説明を受ければ、五行色体表なんて、
よく考えられていると驚くほどです。
相変わらず脈診はできませんが、舌診の勉強はしてますし、経穴も全部覚えています。

私がここで言いたいのは、鍼灸の効用を説明するのに、
患者さんが理解できない用語を並べて、
それで説明したつもりになっては
いけない、ということです。

相手(患者さん)の立場にたって、どうして鍼治療が
効くのか?を、患者さんが理解できる言葉を使って
きちんと説明してあげること。
それが、鍼灸師として大切なことだと思うのです。

--------------------

私は、妻と二人で鍼灸院を開業して間もないころ、
来院された患者さんからの質問に、習いたての
東洋医学用語を使って説明していました。
おそらく、聞いていた患者さんは、なんのことだか
さっぱり理解できなかったと思います。

エンジニアと鍼灸師、仕事の内容は全く違います。
しかし、人(お客さんや患者さん)に説明するときに
相手の立場に立って、わかりやすく説明することが
重要なことは、両者に違いはありません。

そんな経験の戒めとして、このブログを書きました。

| | コメント (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年8月 »