« 20120318 衛生感覚 | トップページ | 20120530 ものごとの順序 »

2012年5月10日 (木)

20120510 完全予約制

完全予約制:
飛び込みの患者さんは受け付けない。
施術を受けるには必ず予約が必要。

予約優先制:
飛び込みの患者さんも受け付ける。
しかし、予約をされた患者さんを優先する。

-----------------------

私が副院長をしている「やわらぎ治療院」では、
「予約優先制」としています。

この理由は、当院には仕事帰りに来院される
患者さんも多く、患者さんの都合のよい時間に
合わせるためです。

「予約優先制」としていますので、
飛び込みの患者さんも時間の許す限り受付けています。
急にギックリ腰になった方や、
仕事中にどうしても肩こりが我慢できなくなった方が
来院されることがありますから。
このような患者さんにも対応できるようにしています。

しかし、「完全予約制」にしない理由は
別にあります。

現在の大分市内で開業する前、
神奈川県藤沢市で開業していたころ、
歯科医院をしていたご夫婦がご近所さんにいて、
仲良くしていました。

「完全予約制」で自宅で鍼灸院を開業したときに、
その奥さんから言われました。

『完全予約制というのは、聞こえはいいけど
それは施術をする側の都合。医療っていうのは、
そういう対応をするものじゃない。』

なるほど。
まったくその通りだと思いました。

自宅開業で「完全予約制」にした理由は、
事前に予約が入っていないときは、
自由に時間が使えるし、患者さんを
「待つ」必要がないからです。

その言葉を忘れず、大分市内で店舗を構えて
鍼灸院を開業したときに、「完全予約制」とせず
「予約優先制」として始めました。

すると、歯科医院の奥さんの指摘とおり、
当院にはときどきこんな患者さんがいらっしゃいます。

「仕事中に腰が急に痛くなったんで、
○○鍼灸院に行ったんだけど、『うちは完全予約制
だから、他に行ってください。』って言われたので
こちらに来ました。」

「連絡方法がわからないから、××治療院に直接
予約を取りに行ったんだけど、『うちは完全予約制
だから、他に行ってください。』って言われたので
こちらに来ました。」

どちらも、電話で「予約」をされてから来院されました。

|

« 20120318 衛生感覚 | トップページ | 20120530 ものごとの順序 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 20120318 衛生感覚 | トップページ | 20120530 ものごとの順序 »