« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月12日 (日)

20110612 切皮痛

持つべきは、間違いを的確に指摘してくれる友人。

-----

鍼治療では、鍼を刺すときに生じる「切皮痛」(せっぴつう)
というもがあります。
この切皮痛が、どれだけあるかが術者の上手下手を
見分ける一つの方法です。
上手な鍼灸師ならば、
あの一瞬の「チクっ」というのがほとんどありません。

院長であるカミさんを相手に鍼の練習を
いつもしている私にとっては、自分が打つ鍼に、
この切皮痛があるとは思ってもいませんでした。
・・・ただ、カミさんからはいつも
「痛い!」と言われていましたが。
何故だろう?と思っていただけで。

ところが先日、実技授業の際、パートナーとして
組んだKさんから
「馬場さんの鍼は、切皮痛がありますよ。」
との指摘を受けました。しかも、
「ずっと前に組んだ時も、痛かったです。」
との指摘。

実技担当の先生に、その場でチェックしてもらった
ところ、鍼柄を僅かに斜めに打つクセがあることが
わかりました。

ガ~ン!!

まさか、そんなに切皮痛があるのに、
この一年間何も進歩していなかったのか、
否、下手になっていたのかと、
ショックを受けてしまいました。

しかも、残念なことに、実技授業でパートナーとなった
クラスメートは、いままで誰一人私の鍼に
「切皮痛」があることを教えてくれなかったのです。

Kさん曰く、
「(最年長の)馬場さんには誰も何も言えませんから。」
なんということか、
「ダレモマチガイヲシテキシテクレナイ」
ダブルでショックです。

恐らく、Kさんも、言い難かったのだろうと思います。
でも、こうやって指摘してくれたKさんには、
とっても感謝です!!!ありがとう。

このままKさんが指摘してくれなかったら、
私は自分の鍼に切皮痛があることを知らず、
「あの先生は下手クソ」と言われかねなかったのです。

つまり、Kさんのアドバイスは、
私の鍼灸師への道に大きな一つの修正を与えて
くれたのです。

私はこの件があってから、初心に帰って切皮の
練習をひたすらやっています。
ようやく少しずつ、斜めに打つクセがなくなり、
切皮痛のない鍼が打てるようになってきました。

嫌なことでも、間違いを的確に指摘してくれる友人が
大切なのだと痛感したしだいです。

| | コメント (2)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »