« 20101010 胃腸の不調に鍼灸治療 | トップページ | 20101102 男だって美顔鍼 »

2010年10月15日 (金)

20101015 脊柱周辺への刺激で尿失禁が止まる~ワンコへの鍼治療~

我が家のワンコ、メスのモミジの容態は相変わらずで、
利尿剤や血管拡張剤が欠かせません。
どうも、バファリンやワーファリンのような
血液凝固阻害薬も投薬されているようで、
先日爪切りをしていて出血させてしまったところ
なかなか血が止まらなくなっていました。

また、オシッコの出が悪くなると、すぐに浮腫
(腹水)が溜まり始めてしまい、動物病院で穿刺して
抜いてもらっています。
飼い主の私たちが、よくお腹を観察してやっていれば
穿刺なんて痛い思いをさせずに済むのですが。
なんとも、情けない飼い主です。

情けない飼い主の話をもう一つ。

せっかく「つまようじ鍼」で調子が良くなって
いたのですけど、ついサボるようになってしまい
ました。
いつもお腹をすかせて、見た目が元気なのでつい。
・・・言い訳です。

しかし、モミジの病気は少しずつ進行しているようで、
オシッコを我慢できなくなってきたようです。
尿意を感じるとトイレシーツにたどり着く前に
どこでもお構いなしにオシッコをするように
なってしまいました。

だんだん病気が進行するにつれて、尿失禁を
起こすようになる、とは聞いていたのですけど。

本人も苦しいでしょうけど、どこにしているか
わからないオシッコを踏んづけてしまう
私たちもかないません。
オシッコで汚れた足のまま風呂場に行って
洗わないといけないのは、さすがに悲しい。

なんとかしないといけません。

それで、再度「つまようじ鍼」の登場です。

脊柱の周辺から仙骨にかけて、ちょうど脊髄神経が
出ているあたりをチクチクっと刺激します。
モミジにとっては、ちょっと刺激が強いのか
あまり喜んではいないようなのですけど、
仕方がありません。
ちょっとのあいだ、捕まえてチクチクします。

3日ほど続けていたところ、ようやくトイレシーツに
たどり着いてオシッコをするようになり
廊下でオシッコを踏みつけることもなくなりました。

どうして脊柱周辺への鍼刺激で尿失禁が治るのか
よくわかりませんが、以前聞いた話では人間にも
同様の効果があるそうです。

またしばらくは、モミジには毎日鍼治療を続けたいと
思います。

|

« 20101010 胃腸の不調に鍼灸治療 | トップページ | 20101102 男だって美顔鍼 »