« 20100830 つまようじ鍼でワンコの治療 | トップページ | 20100909 つまようじ鍼でワンコの治療~その2~ »

2010年8月31日 (火)

20100831 手三里への灸で口内炎が治った

今回は、お灸で口内炎が治ったお話です。

最近、何故だかアフタ(小潰瘍)性口内炎が
よくできます。
もともと原因不明でできる口内炎らしいのですが、
どうも疲れると出てくるように感じています。

先日も、このアフタ性口内炎ができて
しまいました。
左側の舌の付け根のところ。
チョコレートを食べたりすると、
思いっきりしみてきます。

いつもなら、ステロイド軟膏を塗って
治すのですけど、
今回は「お灸」で治してみることにしました。
なにごとも体験です。

使った経穴は、「手三里」と「温溜」です。
どうしてここを選んだかと言うと、
「本にそう書いてあったから」です。

お灸は、米粒大からちょっと大きめの
知熱灸(八分灸)とし、
10壮ずつ、左右の手三里、温溜で
合計40壮すえてみました。

「効くか効かないか、とにかくやってみよう。」
って程度で始めたのですけど、
驚いたことにお灸をしている途中から
痛みが軽減してきました。

知熱灸ですから、透熱灸のように「チクっ」
とした熱さはきません。
ぼんやりと暖かい感覚が残ります。

まず患側の左腕にすえると、腕が暖かくなって
くるのがわかります。
この感覚がくるころに、口内炎の痛みが
ひいてきました。

結局、一回の施灸で痛みはなくなり、
翌日二回目の施灸でチョコレートを食べても
しみることがなくなりました。

お客さんからは胡散臭く見られそうな
艾をひねるお灸ですけど、不思議と
効果は高いように思います。

鍼灸学校の学生のみなさま、
口内炎になったらお灸で治してみましょう。

|

« 20100830 つまようじ鍼でワンコの治療 | トップページ | 20100909 つまようじ鍼でワンコの治療~その2~ »