« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月 1日 (火)

20100601 痩せるツボの落とし穴

やわらぎ治療院への問い合わせでは、一度もありませんが
ある鍼灸院では時々「鍼で痩せますか?」との
問い合わせがあるそうです。

「鍼で痩身」っていうのは、女性のお客さんには
とっても興味がある内容だと思います。
巷には「耳つぼダイエット」って広告を
出しているところもありますし。

先日、この「痩せるツボ」っていうのがあるのを
経穴(ツボ)の授業で知りました。
「足の少陽胆経」の「地五会(ちごえ)」
というツボです。
場所は、
「足の第4中足指節関節の後、外側陥凹部」。
簡単に表現すると
「足の薬指と小指の付け根のちょっと足首側」
です。

鍼灸の古典によれば、ここにお灸を毎日すると、
痩せるのだそうです。
いっしょに授業を受けていた女性の皆さまは
「へぇ~」っと、とっても興味を示していました。

ところがこのツボ、「痩せる」という意味が
ちょっと違うのです。
先生の説明によると、ここに毎日お灸をすると、
なんと「痩せ衰えて死んでしまう」のだそうです。

まぁ、ここにお灸をしたからといって、
ホントに死んでしまうわけではないのですけど。
ということは、痩せるというのも、ちょっと
怪しい感じがします。

もしかすると、ホントに痩せるのかもしれません。
でも、地五会のツボで痩せたとしても、
やはり痩身は、「健康的」にしたいものだと
思いました。

|

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »