« 20100119 パソコン操作は首のコリにご注意 | トップページ | 20100212 失禁は階段の昇り降りで防げる »

2010年1月23日 (土)

20100123 モスキート音が聞こえない

モスキート音というのをご存知でしょうか?
人間が聞こえる「音」の周波数帯域は、
20Hz~20,000Hzと言われています。
このうち、16,000Hz以上の高い周波数の音が、
「モスキート音(モスキートトーン)」と
呼ばれています。

このモスキート音、加齢に伴って
聞こえなくなります。
このため、最近は、若者しか聞こえない
携帯電話の着メロや、タムロする若者の
撃退用として使われています。

先日、解剖学(神経系)の講義で、
クラス全員でこのモスキート音が
聞こえるか、実験してみました。
昔、同じ実験をしたときには18,000Hzまで
聞こえたので、ちょっと自信を持って実験に
臨みました。

被験者は、18歳から、最高齢は私45歳までです。
単一周波数の音を数回鳴らし、
何回なったかを判定することで、
聞き取れているかを確認する方法です。
3,000Hz程度で耳を慣らしたのち、
10,000Hzから聞き取り実験をしてみました。

その結果、まず私が14,000Hzで聞こえなくなり、
続いて43歳男性、あとは・・・。
なんと18歳の若い子は、18,500Hzまで
聞こえていました。

まさか、14,000Hzで聞こえなくなるとは!!
私以外のクラスメートは全員聞こえており、
なんとも取り残されたような
悲しい気分になってしまいました。
思い返せば、18,000Hzまで聞こえた実験は、
18歳くらいのときだったような。

まだまだ若いと思っていましたけど、
身体のいろんなところに「老化」が始まって
いるんだなぁ、と再認識しました。

|

« 20100119 パソコン操作は首のコリにご注意 | トップページ | 20100212 失禁は階段の昇り降りで防げる »