« 2006年7月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月23日 (土)

20060924 光線療法は胃の痛みにも効く

健康オタクの戯言にアクセスして下さり、ありがとうございます。
よろしければ、私の整体サロンのホームページhttp://www.LaQuda.jpもご覧下さい。

_/_/_/_/_/_/

今日は、可視光線療法の効用についてのお話です。

セリック社さんの人口太陽灯を購入して、お天気の悪い日が続いて日光に当たる時間が短くなったときなど、この人口太陽灯に当たって部屋の中で「日光浴」をしています。普段でも、足裏や膝の裏など、日ごろ太陽に当たらないところに光線を当てると、なんとなく身体の調子もよいようで、人口太陽灯を購入してから、熱が高くなるような風邪は引かなくなりました。

っで、今回の本題ですが、この夏に冷たいものをついつい飲みすぎてしまい、胃腸がかなり弱ってしまいました。風邪は引かなかったのですけど、お腹を壊して熱を出してしまったような状況でして。

病院で診察してもらってお腹の薬を2週間ほど飲んで、ゆるくなったお腹は治ったのですけど、どういうわけかいつまで経っても胃の周辺が痛みます。なんとも、気持ちがよくありません。

ちょうどそのころ、人間ドックに行く予定があって、バリウムを飲んで胃のレントゲン検査をしたのですけど、それでも胃はなんともありません。こんなに不快感があるのに、とっても不思議です。検査結果を説明してくれた、医療センターの所長さんにもしつこく伺ったのですけど、胃どころか全ての検査結果で異常値のない、パーフェクトな結果でした。・・・日ごろの健康オタクの成果ですね。

でもやはり、胃の不快感はなかなか治まらず・・・。

そこで、胃のところに可視光線を当ててみることにしました。すると、お腹の胃のところが、丸くちょっと赤い日焼け状態になってしまいましたが、なんと光線に当たってすぐに胃の痛み、というか不快感がなくなってしまいました。
とっても不思議です。

おそらく、お腹の辺りを可視光線で暖めたのがよかったのでしょう。その後、ときどき痛みや不快感が胃の周辺に出てくるのですけど、そのたびに光線を浴びていて、だんだん痛みが出てこなくなりました。
ただ不思議なのは、お腹を冷やさないように注意していたので、光線で温まったことだけが影響したとも思えないのですけど。もしかすると、人口太陽光線だからこその効果があったのかもしれませんね。

可視光線療法がどの程度効果があるか、あまり実体験として経験していなかったのですけど、今回ずっと不快感のあった胃の周辺に光線を当てて、すぐにその効果が現れたことで、「やっぱ光線療法はいいのかなぁ。」と感じているところです。

ちなみに、「痔の痛みには著効がある。」と光線療法の愛用者から聞いたことがあるので、私も試したことがありますが、たしかに切れたり腫れたりしたお尻の痛みがすぐに消えてしまいます。普段太陽光にあたることのない、お尻ですから効果が顕著なのかもしれません。

今回の私の体験が、光線療法を試してみようかと迷っている方に、参考となればと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月17日 (日)

20060917 クールビズは掛け声だけ

健康オタクの戯言にアクセスして下さり、ありがとうございます。
よろしければ、私の整体サロンのホームページhttp://www.LaQuda.jpもご覧下さい。

_/_/_/_/_/_/

ようやく涼しくなって長袖のスーツを着て外出しても辛くなくなってきましたが、夏真っ盛りのときに長袖のスーツを着るのは、頭がおかしくなりそうです。

今日は、この真夏のスーツについてのお話です。

私、整体サロンをやってますけど、本業はとあるメーカーの開発技術者、格好良く呼ぶとエンジニアです。エンジニアも自分の開発設計した製品についての説明のため、営業さんに同行してお客さんのところに行くことがあります。

このときの格好は、お客さんのところですから、もちろん長袖のスーツです。お役所では、クールビズなんて言ってネクタイもしない軽装での仕事を奨励していますが、ビジネスの世界ではお客さん相手だと、そんな「ふざけた」格好はできません。気温が35℃近い夏真っ盛りでも、お客さんを訪問するときには、長袖のスーツにネクタイをきっちりしめていかないといけません。

長年営業をしているバリバリの営業の方や、普段からスーツを着て外回りに慣れている優秀なビジネスマンの方は、暑いときでもスーツを着ることに慣れているのではないかと思います。暑いでしょうけど、私から見るとやはり「慣れている」ように見えます。ところが普段スーツを着慣れていない私たちエンジニアにとっては、この炎天下でのスーツ姿は、着慣れている方からは想像できないほど、ものすごく身体に負担をかけます。

先日、暑さを我慢してスーツを着ていたら、汗が徐々に出なくなり、「ちょっと暑さに慣れたかな?」と思ってそのまま移動していました。ところが、そのうちめまいと頭痛が出てくるようになり、目がチカチカしてきました。「ちょっとこれはおかしい。」と思ってすぐに自動販売機でスポーツドリンクを買って飲んだのですけど、飲んでるうちから汗が噴出して、でも頭もすっきりしてきました。ちょっと危なかったのかもしれません。

同じような経験された方も多いと思いますけど、汗をかくからと水分を取らないで移動していると、だんだん意識が朦朧としてしまいます。気分が悪くなる前に水分を補給すると楽になるところから、おそらく熱中症にでもなりかけているんじゃないかと思ってしまいます。

どうしてこんなに身体に悪いことをしているんだろうって、とても不思議に思いますけど、ビジネスの世界では、これが当たり前なんですね。
クールビズなんて掛け声だけで、なかなかビジネスの世界には浸透しないんじゃないかと思います。おそらく、これからもずっと、夏の炎天下でのスーツ姿はなくならないでしょう。

やはり自分の健康は自分で守らないといけません。ちょっとおかしいな、と思ったら、すぐに対処しましょう。
会社のため、家族のため、住宅ローンを抱えている方は銀行のため、自分の身体を酷使して働いているサラリーマンの皆様方、お互い健康には注意しながら頑張りましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年10月 »