« 2006年6月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年7月25日 (火)

20060725 その痛みの原因は生活習慣にある

健康オタクの戯言にアクセスして下さり、ありがとうございます。
よろしければ、私の整体サロンのホームページhttp://www.LaQuda.jpもご覧下さい。

_/_/_/_/_/_/

今回は、生活習慣からくる身体の痛みについてのお話です。

以前は『成人病』って呼ばれていましたが、現在は『生活習慣病』って呼ばれる病気があります。
この生活習慣病は、日ごろの不摂生など、日常の身体に良くない習慣から病気に発展するものです。

同じことで、日常のあまり気にしていない生活習慣が原因で、身体のアチコチが痛くなることがあります。
私はこの痛みを、『生活習慣痛』と呼びたいと思います。

接骨院で修行をしていたときや、副業開業した整体サロン ラクーダに来れらるお客さんに、『あそこが凝ってる。ここが痛い。』と訴えられる方が多くいらっしゃいます。だからお店に来るのですね。当たり前ですけど・・・。

施術の前に必ず、『どうやったらこうなりましたか?』とか、『何か思い当たることはありませんか?』とお聞きするのですけど、ほとんどのお客さんが、『重いものをもったときに。』や、『ちょっとひねったときに。』と、実際に痛みが出てきたときの状況をお話されます。

もちろんこうやってお客様がお話してくださる状況説明はとっても大事です。このお話の中から、その原因がつかめることがあるからです。

でも、ときどきこれに当てはまらない方がいらっしゃいます。
そうです。生活習慣痛の方です。

生活習慣病も、肝臓が悪くなったり胃が悪くなったり、疾患になって初めて気が付くことがあります。長年の悪い生活習慣が、その臓器に影響しているからなのでしょう。ですから、肝臓を治しても、胃を治しても、その原因となっている生活習慣を改めなければ、何度でも再発してしまいます。

同じように、『生活習慣痛』のお客様の場合、その痛みが出るようになったきっかけはお話してくださいますが、その原因となっている生活習慣は、私達施術者が聞きださなければなりません。

一つの事例をご紹介します。

『首が凝って辛い。』と訴えられる女性のお客様がいらっしゃいました。しかも毎週のようにいらっしゃいます。お話を伺うと、デスクトップPCでCADを操作しているとのことです。たしかにPCを扱うお仕事の場合、首が凝る方が多いです。でも、毎週いくら施術しても、なかなか軽減しません。

それで、何度目かの施術のとき、背中も痛いと訴えられたので、『どのような姿勢をされていますか?』とベッドを椅子に見立ててPCを使っているときの姿勢をしてもらいました。
すると、なんとこの方、足を組んで首を突き出して、身体を机から離して、手を伸ばしてマウスを操作しています。これじゃ~、頚椎と胸椎に負担がかかっていつまで経っても痛みが取れないはずです。

まだお若い方でしたので、あまりPCの使い方に慣れていないのでしょう。
さっそく、施術の後に時間をかけてPCを使うときの姿勢や、LCD(CRT)モニターの位置などについてお話しました。

その後、お店に来られなくなったところを見ると、生活習慣痛が治まったのでしょう。

もう一つの事例です。

『右の腰が痛くて辛い。』と訴えられたお客様がいらっしゃいました。お話を伺うと、仕事でPCを使われていますが、腰に痛みが出てくるほど使われていませんし、軽い運動もされています。

そこで、どうしてそのような痛みが出てくるようになったのかお話を伺ってみたところ、『荷物を持ち上げたら痛くなった。』とのことです。よくあるパターンのようです。
そこで、実際に痛みのある場所を触れてみたのですけど、どうもおかしい。腰が痛いと訴えられているのに、腰には圧痛がありません。????

よく探っていたところ、腰ではなくて背中に強い圧痛があります。そこで、初回の施術では、ここの痛みができるだけ取れるように施術して、一旦終了しました。でも、2日後に再度予約のご連絡があり、『腰の痛みが変わっていない。』とのことです。

どうも、診立てが間違っていたようです。太ももに、胸背部痛の兆候はあったのですけどねぇ。
でも、ちょっと痛みだしてからの期間が長すぎるのが気になりましたが。

それで、二回目の施術の際に、もっと入念に痛みの場所を探っていきました。そうすると、不思議なことに、僧帽筋に沿って痛みが出ています。これは何かおかしい。
そこで、施術を一通り終えてから、詳しくお話を伺うことにしました。期間が長いことも気になりますし。

いろいろとお話を伺っていて、ようやく生活習慣痛の原因が見えてきました。PCを使ってお仕事をされていると伺っていたのですけど、このPCがデスクトップではなく、ノートPCを使われているとのことでした。デスクトップとノートでは、状況がまるで違います。

ノートPCでは、ディスプレイが小さくキーボードと近接しているため、よほど姿勢に気をつけていないと、前のめりになった姿勢で操作することになります。この姿勢だと、背中に負荷が掛かり過ぎて、どんどん痛くなってしまいます。
だいたい、ノートPCは場所をとらないからと、デスクトップPCのように、常時デスクで使用するのには無理があると思います。

このお客様には、ノートPCを使う際の姿勢の注意事項をお知らせし、デスクトップPCに比べて疲労しやすいので、こまめに身体を動かすことをお願いしました。

何かのきっかけで痛み出して、しかもいつまでたっても痛みが取れないことがあります。内臓に疾患がなく、整形外科に行っても特別異常が認められないのにです。このときは、自分の生活習慣をよく見つめてみることが大切です。その痛みの原因になっている、あなたの姿勢や行動がどこかにあるはずです。

痛みがなかなか軽減しない方、今一度ご自身の姿勢や行動を検証してみてください。生活習慣痛であれば、その原因をなくすことで、その痛みが軽減してくるかもしれません。お試しください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月16日 (日)

20060716 荷物の下ろし方を間違えると腰痛になる

健康オタクの戯言にアクセスして下さり、ありがとうございます。
よろしければ、私の整体サロンのホームページhttp://www.LaQuda.jpもご覧下さい。

_/_/_/_/_/_/

今回は、腰痛についてのお話です。

整体セラピストなんてやってて、週末には「腰が疲れた」と言ってくるお客さんを相手にしているのに、情けないことに自分も腰痛になってしまいました。

会社の実験室で大掛かりな片付けがあり、午後から半日の間、ずっと重い荷物の上げ下ろしをしていました。まぁ、このときは、「腰が疲れたなぁ。」っていう程度だったのですが、その後、自分たちで開発した製品の、営業用デモ装置の出し入れをしていたところ、「ムムムっ。」っていう状態になってしましました。

ちょっと重い荷物を持ち上げるときには、腰を曲げて持ち上げるのではなく、足からかがんで、まず荷物を足に乗せて、それから足の力で持ち上げると、腰への負担が少なくてすみます。これはよく知られている方法ですよね。

ところがこの逆で、この荷物を下ろすときに注意していないと、つい腰をかがめて荷物を下ろしてしまいます。

この状態が危ないんです。

私の場合もこれと同じ状況で、荷物を何度も上げ下ろししていたときに、持ち上げるときには注意するのに、下ろすときについ腰をかがめてしまって腰に大きな負担がかかってしまいました。

ちょっとギックリ腰になりそうな気配がして痛みがあるので、すぐに外科に行ってレントゲンを撮ってもらい、幸いヘルニアなどの器質的疾患にはなっていませんでしたが、腰痛は続いています。カミさんの鍼灸の練習台になり、いくぶん楽になってから湿布を貼っている状態です。

どんなに気をつけているつもりでも、つい腰を痛める動作をしてしまいます。
みなさんも、荷物を『下ろす』ときに十分注意してください。持ち上げるとき以上に、気をつけないといけません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 3日 (月)

20060703 サプリメントは正しく服用しましょう

健康オタクの戯言にアクセスして下さり、ありがとうございます。
よろしければ、私の整体サロンのホームページhttp://www.LaQuda.jpもご覧下さい。

_/_/_/_/_/_/

20060425 これまでで最高のサプリメント」でご紹介した、PHARMANEXさんのLifepakについての続報です。

毎年春先になると夫婦揃って風邪を引いて、一度や二度は熱を出して休むことがあるのですけど、Lifepakのお陰か今年は風邪を引きません。一度、私だけ鼻の奥に炎症が出て、「この調子だとのど全体に炎症が広がって、熱がでるなぁ。」と予想したいたのですけど、なんと炎症は広がらずにそのまま治ってしまいました。こんなこと初めてです。・・・まぁ、年齢の若いころにはそういうこともありましたけど。

風邪を引いてもすぐに治ってしまうくらい、身体の調子がよくなってきたのだと実感しています。
でも、Lifepakを飲み続けてて、一つだけ困った問題がありました。
どういうわけか、飲むと必ず下痢をするのです。

毎日飲む健康補助食品ですから、Lifepakを飲み始めてからずっと下痢が続いていたのです。これはけっこう困りごとでして。通勤に片道1時間半ほどかかるのですけど、電車やバスにに乗ってるときにお腹が痛くなるともう大変で、お腹が痛み出さないようにするために、つい便所の時間が長くなったりと。朝の忙しい時間に、なんとも無駄な時間を費やしていまします。

きっと他の人にも、同じ症状が出ているだろうって、いっしょに飲んでいるカミさんに聞いても、Lifepakを薦めた両親や兄に聞いても、「そんなことないよ。」とのこと。どうも私のお腹だけがゆるくなってしまうようです。

よく効く薬を飲むと、はじめのうちは身体に溜まった毒素が出るために下痢をする場合がある、って聞いたことがありました。しかし、3ヶ月近く下痢が続くなんて、いくらなんでも毒素がありすぎです。なにか別の理由、もしかすると、私の身体にはLifepakは合わないのかな?とも思いは始めていました。

ところが、先日別件で薬剤師の方に薬を処方してもらったときに、とってもいいアドバイスをもらいました。すぐに、それを実践したところLifepakを飲んでもお腹が壊すことがなくなりました。

その方法とは、Lifepakを『食後すぐに少し多めの水で飲む』ようにすることです。
薬剤師の方に、「胃腸が弱くてお腹を壊しやすい」と相談したところ、『食後服用の薬は、食後すぐに水を多めにして飲むようにしてください。』とのアドバイスを貰いました。空腹時に薬を飲むと、おそらく胃腸への刺激が強くなって下痢になるのでしょう。

地上波テレビ放送では医女の話にまで進んでいる、「宮廷女官チャングムの誓い」でも、『薬は使い方で毒にもなる。』との台詞がありましたが、その通りなんだなぁと実感した次第です。(チャングムを見たことのない方、マニアな話ですみません。)

サプリメントは正しく服用しましょう。というお話でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年9月 »