« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月27日 (土)

20060527 ハイビジョン液晶テレビは目が疲れない

アクセスありがとうございます。
よろしければ、私の整体サロンのホームページhttp://www.LaQuda.jpもご覧下さい。

_/_/_/_/_/_/

ブラウン管方式のテレビを見るとき、目が悪くなるから画面の縦の長さの5倍以上離れて見ないといけません。なんて子供の頃言われていたように記憶しています。何倍だったか、正確には覚えていませんが、かなり離れてみないと、実体験から目が疲れることは確かなようです。

ところが、最近のハイビジョンテレビでは、この基準が違っているそうです。
今回は、このハイビジョンテレビについてのお話です。

ず~っと欲しくかったのですけど、あまりに高価なために諦めていた液晶ハイビジョンテレビを、昨年末、思い切って購入しました。HITACHIさんの32インチ液晶ハイビジョンテレビWoooっていう製品です。

フィギュアスケートは盛り上がっているし、トリノオリンピックもあるし、どうしてもいいテレビで見たかったので、ボーナスが出た機会にカミさんを説得して購入しました。

初期設定は照明がギンギンの店舗でも画像が映えるようになっているので、その設定のままリビングで見ると目が刺されるように明るく感じてしまいます。でも、調整をしっかりすると、それはそれは綺麗な画像が楽しめます。
ハイビジョンなんて、女優さんのシワが目立つようになるだけで必要ない、って思っていましたけど、スポーツ観戦には最高です。ちょうどフィギュアスケートのオリンピック出場枠競争があってたときだったので、とても楽しく観戦出来ました。

それで、ハイビジョン放送を見ていて気が付いたのですが、かなり近づいて見ても目があまり疲れません。不思議です。どうしてなのか自分なりに考えたのですけど、

1)解像度が高くて、かなり近寄っても十分に見ることができる。
これまでの普通のブラウン管のテレビだと、近づいて見ると画像がぼやけて見えて、目が疲れてくる。解像度が高いのは、例えば、フィギュアスケートの中継では、会場にいる人の顔が判別できるくらいになる。アナログ放送のブラウン管では、こんなことはできない。

2)液晶だからでしょう。画像がチラつかない。チラつかないから目が疲れない。

というところです。

こんな大きな画面、家のリビングに置いても仕方がないだろう、ってくらい大きな画面のテレビが販売されていますけど、これまでのブラウン管のテレビとは違い、かなり近づいても見ることができるので、大きめのサイズのテレビでも全く問題ないと思います。購入を検討されている方、スペースや予算に余裕があるなら、大きめのサイズを買うことをオススメします。

ただし、これはハイビジョン映像の場合だけです。

地上アナログ放送だったり、DVDのあまり解像度の高くない映像の場合には、これまでのブラウン管テレビと同様に、画像がぼやけて見えますので、おそらく目が疲れることと思います。
ご注意を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月23日 (火)

20060523 ペットの消臭はトイレ用でないと効かない

アクセスありがとうございます。
よろしければ、私の整体サロンのホームページhttp://www.LaQuda.jpもご覧下さい。

_/_/_/_/_/_/

このブログを読んでいる方の中にも、ワンちゃんを室内で飼われている方が多いことと思います。

我が家でも一戸建てに引っ越した機会に、キャバリアKCスパニエルっていう種類の犬を二頭、室内で飼っています。夫婦揃って犬馬鹿状態で、もう可愛くてなりません。隣に座ってじっと見つめられると、そのつぶらな瞳がいとおしくてなりません。

でも。

室内で飼っていると、彼らの【落し物】のニオイを我慢しなければなりません。食べすぎで、お腹をこわしているときなんて、ハンパじゃないくらい強烈なニオイがしますが、飼い主の責任でしっかりと面倒を見なければなりません。人間も、【自分のもの】は臭いませんが、【他人のもの】は強烈に臭く感じますので、いくら可愛いワンちゃんのものでも、人間同様に強烈にクサく感じてしまいます。

そこで今回は、私達と同様、リビングで犬を飼っていらっしゃる方々には思い当たることも多いかと思われます、このワンちゃんの【落し物のニオイ対策】について、私の体験をお知らせしたいと思います。

みなさんもいろんな消臭剤を試されたことと思います。ドラッグストアに行くと、【ペット用】とか【タバコの臭い用】とか、いろんなものがあります。ペットショップに行くと、これまたいろんな種類があって、【アンモニア臭に効く】とか様々な種類の消臭剤が並んでいます。

私も消臭剤をいろいろ試しましたが、どれも十分に臭いを消してくれません。クサいニオイには、もっと強いニオイで対抗、ってちょっと強めの消臭剤も試してみましたが、もうスゴイ臭いがごちゃ混ぜになって、とても耐えられるものではありません。

そんなときに、あるお店で消臭剤の店頭販売が行われていました。メーカーの相談員が販売しているものですね。
そこで、『ペットの消臭剤にいいものはありませんか?』と質問したところ、『それはトイレ用の消臭剤を使ってください。』とアドバイスされました。

言われたときには、初めふざけているのかと思いました。リビングに【トイレ用消臭剤】なんて、まさかと思いましたが、それにはきちんとした理由がありました。

ペットのニオイのほとんどは、人間用のトイレと同じくペットの排泄物やペットの体臭が原因です。いわゆるアンモニア臭です。これは強烈で、リビング用の消臭剤なんてものでは、とても対応できません。
それで、【人間のトイレ用】でないと十分な効果がないのだそうです。

この販売員の方からのアドバイスがあって、我が家では【トイレ用】の消臭剤をリビングに置いています。ワンちゃんのトイレの近くに二つも。

使い始めてからすぐに効果が出始めて、朝、寝室からリビングに入ったときのあの『ムワ~ッ』としたペットの臭いが、嘘のように少なくなりました。外出から帰ってきたときにも、同じように感じます。
不思議なことに、「そろそろ消臭剤がなくなるかな?」っていう時期がわかるのです。カラになると、とたんにリビングの臭いがきつくなりますから。

もしいろんな消臭剤を使っても、なかなかペットのニオイが解消せずに悩まされている方がいらっしゃいましたら、【トイレ用消臭剤】をお試しください。驚くほど臭いが消えます。

ただし、リビングが【トイレ芳香剤の香りがする】ことになりますので、それが嫌いな方にはオススメできません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月16日 (火)

20060516 ひじまる体操で五十肩が防げた

アクセスありがとうございます。
よろしければ、私の整体サロンのホームページhttp://www.LaQuda.jpもご覧下さい。

_/_/_/_/_/_/

五十肩というのでしょうか?最近は四十肩とか、三十肩なんて言うこともあるそうで。

私は幸いまだこの五十肩にはなっていませんが、40代半ばの職場の先輩が五十肩になりそうになり、ある体操を薦めたところ、五十肩を防ぐことができました。

今回は、この五十肩を防げたすばらしい体操方法【ひじまる運動】についてのご紹介です。
NHKの【ためしてガッテン】で放送されたので、ご存知の方も多いことと思います。この体操、すばらしい効果があります。私もその効果に驚いてしまいました。

この【ひじまる体操】は、渡会公治って先生が考案されたそうで、具体的には次のような体操です。

1)肩の筋肉をリラックスさせたまま、右腕なら右の肩に近い位置のシャツをつまむ。

2)シャツをつまんだまま、肩を肩甲骨が動いていることを意識しながら回す。
 初めは小さく、だんだん大きく回す。右肩、前後。左肩、前後でワンセット。

3)毎日3分、 右1分、左1分、再度両方1分。
 腰や背骨などが動くように、全体を動かすことによって、水泳のような全身運動になる。

私が整体サロンを開業していることを知っている50才前の会社の先輩から、『最近、肩のが痛くて上がらないんだよねぇ。』、『何かいい方法知らない?』と聞かれ、この【ひじまる体操】を勧めました。初めは、『肩がゴリゴリ音がする。』って、ちょっと痛みを我慢しながらも、職場でも体操をしていました。

それからおよそ半月後。
『その後、どうですか?』と聞いたところ、『いや~、あれからなんともなくなってね。ほら、こんなに肩が上がるようになったし、痛みもないんだよ。いい体操を教えてくれて、ありがとう。』と感謝されました。

ありゃりゃ。整体サロンのお客さんが一人減ってしまいました。
私は【ひじまる体操】を教えただけで何もせずに、先輩の肩は治ってしまいました。その後も順調な様子です。

修行でお世話になった接骨院の院長先生も、『あんな体操を放送されたんじゃ、商売に影響がでちゃうよね。』と言ってました。
それくらい、五十肩の予防にも有効な体操です。

もし身近な方に、『最近、肩が痛くて上がらなくて。』っていう人がいらっしゃいましたら、是非この【ひじまる体操】を教えてあげてください。劇的な効果があります。

ただし、もし【ひじまる体操】をしても痛みが続いたり、肩が上がるようにならなければ、別の病気かもしれません。すぐに整形外科で検査をしてもらってください。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年5月12日 (金)

20060512 健康な生活をしていれば整体なんて必要ない

アクセスありがとうございます。
よろしければ、私の整体サロンのホームページhttp://www.LaQuda.jpもご覧下さい。

_/_/_/_/_/_/

皆様、お願いです。

次のことをすぐに実践してください。

★休日は運動なんてしたら疲れるだけです。ダラダラ過ごしましょう。
 水泳なんてもってのほかです。すぐにやめましょう。

★早く就寝するなんてもったいない。楽しいことは深夜にあるんですよ。
 毎晩遅くまでPCで遊んだり深夜放送のテレビを見ましょう。

★嫌いなものを食べてもつまらないじゃないですか。
 好きなものをたらふく食べて、のんびりを過ごしましょう。

もう一度お願いします。すぐに始めてください。
そうしないと、整体師の仕事がなくなってしまうのです!!


●●●●●●●●●●●●●●●●

そうです。

健康な生活を送れば、整体なんて行かなくても身体の調子は良くなってくるのです。
もし、運動しても、適度な睡眠をとっても、バランスのよい食事をとっても体調が改善しないなら、それは整体の領域ではありません。腕のいい東洋医学者や医師に相談するのがよろしいでしょう。

こんなことを書くと、整体を生業としている一部の方々からお怒りのコメントが届きそうですね。
『それはお前の施術が下手だからだよ。』とお叱りを受けてしまいそうです。
でも、整体師は、『お客さんの健康維持を使命としているお仕事』であることを忘れてはいけないと思っています。お客さんの健康が増進するのであれば、正確なことをお伝えしなければなりません。

立派な整体師の先生方は、お客さんへの指導として健康な生活を送ることを推奨されていることでしょうから、私の考えに同意していただけることでしょう。


ということで、今回は、『健康な生活をしていれば整体なんていらない』っていう事例について、私の体験をお話します。


週末副業として開業した整体サロン ラクーダにいらっしゃるお客さんの多くが、「半健康人」の方です。病院に行くほどではないのだけど、なんかいつも調子がよくない、と訴えられます。
私も整体師の端くれですから、施術後の指導では、「短時間でも構わないので、できるだけ身体を動かすようにしてください。」とお願いしています。

このお願いを忠実に実践して頂いたお客さんの中に、短期間で体調が回復された方がいらっしゃいました。

このお客さん、週に一度30分の水泳を始めたところ、それまで肩凝りや腰痛に悩まされていたのが嘘のように軽減したのです。私のサロンに初めていらしたときには、かなりお辛そうだったのですけど、施術の効果よりもはるかに水泳の効果が大きかったように思えます。毎週のようにご来店いただいて、毎回丹念に施術していたのですけど、水泳を始めたとたんに、見ただけでわかる程度に体調がよくなっています。

病気ではなく、半健康人のレベルであれば、ちょっと運動を始めただけで人間の身体はすぐに反応して改善していくのでしょう。そういえば私の同僚に、毎週末スカッシュで汗を流しているのがいますが、どんなに忙しく仕事をして毎日長時間PCを操作していても、肩凝りに悩まされたことがない、と話していました。


もし半健康人の方で、整体に通ってもなかなか体調の改善されない方がいらっしゃいましたら、是非運動することをオススメします。
一週間続けても何も変化しないときは、何か他の原因があるのかもしれません。一度病院に行って検査されるとよいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 8日 (月)

20060508どら猫2 その19~なぜドライブレコーダーが必要なのか

いきなりですが、『ドライブレコーダーは保険である』と、私は力説します。
あなたがクルマを運転するなら、必ずいつかは事故の当事者になります。そのときに悔やんでも遅いのです。


4月28日、日テレさんのズームインSUPER!!で放送されたドライブレコーダーの特集で、私が一般ユーザーとして出演していたので、番組を見た友人知人の方々から「見たよ」とのお知らせを頂きました。

番組を見てドライブレコーダーの必要性をよく理解して頂いた方も多かったのですけど、まだ身近な装置として捉えてない方もいらっしゃいました。


そこで今回は、『なぜドライブレコーダーが必要なのか』との題名で、再度この装置の必要性を説明したいと思います。
ドライブレコーダーの購入を検討されている方、すぐに購入することをオススメします。
わずか5万円弱で、事故解決の嫌な思いが少しでも軽減できるなら、お安いものです。


さて、本題です。

事故の当事者になった方はご存知だと思いますが、事故が発生すると次のような事態になります。
任意保険のことや警察の対応など、意外と知られていないことも多いです。


1)交通事故とは、通常の生活の中に突然やってくる、誰にでも起こりうる不幸な出来事と認識すること。


2)原付バイクの事故の発生率はとても高い。
未成年、免許取得直後、任意保険未加入、なんて当たり前。原付バイクの多くは、任意保険に入っていない。
となると事故の解決交渉は保険会社同士ではなく、こちらの任意保険会社と相手との交渉になる。
ただし、保険会社の営業時間中に相手に連絡が取れないときは、事故当事者同士の直接交渉となる。これがとても厄介。


3)クルマと原付の事故では、間違いなく原付バイクの搭乗者は怪我をする。
勝手にぶつかってきて道路に寝転んだ馬鹿たれを、蹴り飛ばしたくなるくらい腹が立ちますが、救急車はこちらが呼ばないといけない。ここで救急車を呼ばすに「おまえが悪いんだから知るか。勝手に寝てろ。」と放置すると『ひき逃げ』になる。


4)事故直後、警察を呼んでの現場検証のとき、事故の当事者の原付バイクの搭乗者は救急車で運ばれるので不在になる。よって、その場で相手の証言が取れない。後日、警察に出頭して証言する。ここでいろいろ考えて、自分の都合のいい事ばかり、ひどいときは嘘まで言うことがある。これは後に記載している裁判所での調停でも同じこと。世の中には、とんでもない奴らがいることを忘れてはいけない。


5)現場検証で話して調書に書かれると、取り消すことができない。
事故直後に現場検証を行うが、気が動転している状況でもお構いなしに、警察が矢継ぎ早に質問してくる。
『どこで原付を発見しましたか?』、『そのときどこにいましたか?』、『どこでブレーキをかけましたか?』、『ハンドルはどのように切りましたか?』、『どこで停止しましたか?』などなど。曖昧な記憶でも、質問の内容がよくわからなくても調書に書かれます。


6)警察はどちらが悪いかを判定することはない。
過失割合を警察が判定することはありません。だから事故当事者となるとこちらに100%過失がなくても、「犯人」のように扱われます。腹立たしい限りですが、警察のお仕事とはこういうものです。

7)事故の証人なんていないと思ったほうがいい。

私達が事故の当事者となったときは、交差点での事故だったので反対車線にたくさんのクルマが止まっていました。しかし、彼らは事故の直後、それを見ながらさっさとどこかに走り去って行きました。事故の証人は自分で見つけなければなりません。でも、そんなことできるわけがないんです。

8)相手、つまり原付バイクの過失が大きいと、たとえ相手が大怪我をしていても、自分が加入している任意保険は使えない。
これは意外と知られていませんが、約款に書いていますのでご覧ください。どんな場合でも保険金を出してくれる保険会社もあると思いますが、一度調べてみることをすすめます。知らないと保険会社と必ずもめます。


9)任意保険が使えないので、相手の怪我の補償にはこちらの自賠責保険を使わせることになる。
こちらの自賠責保険証書のコピーを渡して、『あんたが勝手に突っ込んできて怪我をしたんだから、自分で請求して。』と突き放して構いません。


10)原付バイクに100%過失があっても、特殊な場合を除き、クルマ側に20%以上の過失があると見なされる。
理不尽な話ですが、保険会社の説明だと判例として事故の事例ごとに過失割合が決められています。特に「弱者救済」の観点から、原付バイク対クルマの場合には、クルマ側の過失を大きく取られます。


11)クルマに同乗者がいた場合、その同乗者が怪我をすると運転者は原付バイクと同乗者の二名に怪我を負わせた扱いになる。間違いなく『業務上過失傷害』になる。人数や入院日数によって、罰金や減点数が変わる。


12)鞭打ちの治療に健康保険が使える。
ただし、悪徳整形外科だと断られる。診断書すら書いてもらえない。ひどいときは脅し文句を言われる。こういう病院は所轄の保健事務所に連絡して保険業務ができないようにするといい。こんな病院は潰したほうが世の中のため。健保を使う場合には、事前に健康保険組合に連絡し相談すること。健康保険組合から相手の加入する保険会社に請求することになる。


13)原付バイク側に衣服やヘルメットなどの損害が発生した場合、この損害金をこちらの任意保険会社に提出しないと示談交渉ができない。
お互いの損害金額を明示して、初めて示談交渉が始まるが、言い逃れをするためにこの損害金額を出さないとんでもない野郎がいる。私の場合はこれで裁判沙汰になりました。


14)原付バイクの搭乗者は未成年が多く、交渉相手はその親になる場合が多い。
となると、事故の当事者でない者、つまり親がしゃしゃり出てくるため、感情的になりやすい。勝手にぶつかってきたのに、『そちらがぶつかってきたんじゃないのか?』、『うちの息子は止まっていたと言っている。』なんてのは当たり前。証拠がないから勝手なことを言い放題。


15)相手に事故を解決する意思が見られない場合には、損害金額が60万円以下の少額なら、簡易裁判所の少額訴訟で簡単に訴えることができる。
第三者に判断を委ねるのがもっとも解決が早い。ただし、相手の勤務先等を上手く聞き出すことが必要。相手が未成年のときは、親と合わせて二人を被告として訴える。簡易裁判所に行くとフォームがあるので簡単に訴状が作れる。


16)デジカメ写真やドライブレコーダーの映像などは、電子データのため改ざんされる恐れがあることから、『証拠』にはならない。ただし、『参考資料』にはなる。携帯写真でもいいので、必ず記録しておくこと。示談交渉で使える。


17)簡易裁判所で相手への損害金支払が成立しても、支払わないとんでもない馬鹿がいる。
裁判所命令を無視する奴は多いので注意。この場合には、地裁に強制執行、つまり『財産の差押さえ』を申請して、家財や給与を差し押さえることになる。ただし、この手続きはとても面倒。相手の勤務先がわかっているのなら、『給与差押さえの確認』として会社の人事部長に連絡するのがいい。こんなことをする人間は懲戒解雇されて当然。私もこれで一発解決しました。



事故を起こそうなんて、『当たり屋』でもない限り誰も考えていません。しかし、現在の事故の発生率から考えても、『もらい事故』の当事者になる確率はとても高いです。

特に、原付バイクは事故の発生率も極めて高く、いつ当事者になってもおかしくありません。しかも相手、原付バイク側が100%悪くても、対クルマならクルマ側は20%以上の過失となってしまいます。証拠がなければ、相手が怪我をしていれば、もっとこちらの過失は大きくなってしまいます。

『相手が悪かった』、『運が悪かった』では済まされません。
自分の身を守るためにも、ドライブレコーダーは必要な装置だと思います。



それでも、『いや~、僕は事故をしないから必要ないし、任意保険にも加入しているから大丈夫だよ。』っていうあなた。
最後にもう一度お伺いします。

事故を起こさないというその自信はどこからくるのですか?

任意保険の約款を詳細に読んだことがありますか?

もし事故の相手が死亡したら、どうなるか想像したことがありますか?

あなたに過失がないことを、誰が証明してくれるのですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 7日 (日)

20060507 全視界メガネはよく見える

アクセスありがとうございます。
よろしければ、私の整体サロンのホームページhttp://www.LaQuda.jpもご覧下さい。

_/_/_/_/_/_/

高級めがね店の和真さんの全視界メガネってご存知ですか?
特許も取得している優れモノです。(JP3706975、USP6056398、EUP0936488)

今回は、私も使っている、この優れたメガネについてご紹介します。

会社で仕事をしていると頻繁に会議があります。昔は、プレゼンなんて透明なシートに手書きされた説明資料で、オーバーヘッドプロジェクター(OHP)を使って説明されていたのですけど、最近はPCとプロジェクタっていうのが当たり前になっています。

だいたいどちらにしても、薄暗い会議室の中で明るい画面を表示するわけですから、目が疲れます。まして、手元に資料なんてあると、近くの資料を見て、続いて遠くの明るい画面を見たりすると、なかなか目のピントが合わなくて、ようやく見え始めたら次のページの説明が始まっていたりと、とっても不便です。まぁこれって、加齢による目の調整機能が鈍くなったためなんですけど。

40も過ぎると、早い人は老眼が出始める、って言われていますけど、私も少しずつ目の調整機能が劣ってきました。なんか悲しいですけど、しかたないです。

それで、暗い会議室の画面でも、手元の資料でも、よく見えるようにするため、二重焦点レンズのメガネを購入することにしました。もちろん初めての二重焦点レンズですから、近くは軽い「近眼用」にしています。まだまだ老眼用ではありません。

この二重焦点レンズ、慣れるまで1週間ほどかかりますが、慣れてくるととっても便利です。遠くも近くも楽に見えるわけですから、いままで不便に感じていたことが楽にこなせます。

でも一つだけ問題が。

近くを見るときに、どうしても上を向いた状態で目だけを下に向けて見なければいけません。もしくは、メガネを少し持ち上げるか。この格好が、なんともオジンくさいのです。カミさんから、「ジジイといるみたい。やめてよ~。」と言われるし。
こりゃ困ったな、って思っても、便利な二重焦点レンズのメガネを使わないと、額にメガネを引っ掛けてもっとオジンくさくなるし。

そんなときに、いいものを同じフロアの他の部の部長さんから教えてもらいました。
それが和真さんの「全視界メガネ」です。橋爪功さんがコマーシャルをしているので、ご覧になった方も多いと思います。
例の、鼻あてが、カシャっと動くめがねです。

しかも和真さんはとっても親切で、私は他のお店でメガネを買ったのですけど、鼻あてだけを交換してくれて、全視界メガネに変えてくれました。お願いすればすぐに交換してくれますし、たしか3,000円くらいだったと思います。

この全視界メガネ。PCを使ったり、本を読むときなど、長時間近くを見なければならないときに、とっても便利です。
二重焦点レンズのメガネをお使いの方、和真さんに一度相談に行くことをお勧めします。
和真さんは、二重焦点レンズのメガネについてとってもノウハウをお持ちのようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 1日 (月)

20060501 祝 禁煙一周年

アクセスありがとうございます。
よろしければ、私の整体サロンのホームページhttp://www.LaQuda.jpもご覧下さい。

_/_/_/_/_/_/

一年前の05年4月30日。私は最後のタバコを吸い終えて、禁煙を始めました

早いもので一周年です。アレン・カーさんの「禁煙セラピー」のスゴさに感心してしまいます。
この一年間、いろいろな誘惑にも負けず、一度も一本も吸うことなく禁煙を続けることができました。

振り返ってみると、一番辛かったのはイライラしたときではなくて、「暇なとき」でした。
喫煙している人には理解できると思いますけど、例えば人を待っているときや、何もすることがないときにタバコを無性に吸いたくなります。それしかすることがありませんから。

逆に言えば、これを克服できれば、思いのほか楽に禁煙できるのではないでしょうか。
いま、禁煙にチャレンジしている方、暇なときを乗り越えられれば必ず禁煙できるでしょう。
頑張ってください。

ただ、禁煙して「なくしたもの」もありました。ちょっと捨てがたいものでしたけど、仕方ないです。

それが何かと言うと、「喫煙者同士の仲間意識」です。喫煙したことのない人には理解できないかもしれませんが、喫煙者は自分達がタバコを吸うことを、少しですけど「ウシロメタク」感じているのだと思います。これだけ害がある、って言われているのですから。

この感覚が、喫煙者同士の仲間意識のような、不思議な感情になるのではないでしょうか。喫煙所に集まると、毎日同じ人に会うわけで、しかも日に何度も会っていると少しずつ話をするようになります。それがだんだん、情報交換をするようになり、その輪が広がって「喫煙者仲間」が出来上がってきます。このネットワーク、けっこういいところがあって、喫煙所だけで入手できる情報なんていうものがけっこうありました。

まぁ、この喫煙者の仲間意識でつながった情報交換のネットワークと、肺がんの恐怖と、どちらを選択するかは、あなた次第ですね。

少なくとも私は禁煙して、大きな収穫がありました。お金、健康、そして命です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »