« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月28日 (金)

20060428どら猫2 その18~日テレに出演

4月28日の日テレさんのズームインSUPER!!で、どら猫2の紹介がありました。この中で、個人ユーザーとして出ていたのが実はこの私です。

日本テレビ ズームインSUPER!!のTさん、音声さん、カメラさん、遠いところまで取材に来ていただき、ありがとうございました。この場を借りてお礼申し上げます。いろいろとお話できたこと、嬉しく思います。楽しい経験をさせていただきました。


どういう経緯で日テレさんの取材に至ったかと、少しだけ説明しておきましょう。

どら猫2を購入するときにホリバアイテックさんに直接問い合わせをしたことがあり、そのときに何度か社長さんとメールでやり取りすることがありました。その「お付き合い」から今回、日テレさんからの取材をお受けすることになった次第です。

このブログにどら猫2の使用体験を書いたのは私の個人的な趣味でして、特にホリバアイテックさんとは利害関係はないので念のため。ただ、悪いことも書く「評価レポート」ですから、マナーとしてホリバアイテックさんには了解を頂きましたが。



このテレビ取材のインタビューで私がみなさんにお伝えしたかったのは、「ドライブレコーダーは保険である」ということです。ドライブレコーダーっていう商品は、自動車保険と同じく、「もしも」のときを想定して装備しておくものだと思います。
だから望ましくは、どの車両にも搭載しているのがいいのだと思います。搭載していたほうが有利になるということでなく、事故の詳細を客観的に分析できるようにするためにも、です。

ズームインSUPER!!の中でもコメンテーターの方が話していましたが、もっと個人に普及して欲しい製品だと思います。
事故の過失割合の争議は、なかなか解決するものではありません。「もしも」のときのためにも、ドライブレコーダを装着することをオススメします。

これは実体験からのアドバイスです。


それと、どら猫2についてひとつ。

この取材のときに、ホリバアイテックの社長さんと直接お話することができました。

このブログの中で、「他の色にはしないのかな?」と記載していたので、本体の色についてお伺いしたとことろ、銀色にしているのは直射日光による内部温度上昇を防ぐことが理由だそうです。定量的な数値は申し上げられませんが、かなり低くなるそうです。内部電子部品の温度上昇を、できるだけ低くしているんですね。

さすが事業者向けに販売して実績のある会社ならではの設計ですね。市場での不具合を迅速にフィードバックしている。すでに事業者向けの「どら猫」も銀色の筐体に変更しているとか。おそらく市場で出た他の不具合も、すでに解決しているのでしょう。感心しました。

Mycar_1 私の愛車です。HondaのEdixです。

自宅の駐車場で撮影しました。

Inacar_1 クルマを運転していることろの撮影です。自宅近くを10分ほど乗って撮影しました。助手席にカメラさんが乗って撮影したので、対向車は「いったいなに?」と不思議そうに見ていました。

Frontofmypc_1 私の部屋で、PCにどら猫2に撮影された画像を取り込んでいるところです。撮影では、PCのスロットにCFを出し入れしているとことも取られましたが、放送はされませんでした。

Intereview_1 自宅駐車場でのインタビューです。20分ほど撮影しましたが、私が一番言いたかったことを放送してもらえました。日テレのTさん、ありがとうございます。私はこれが言いたかった。

*日テレ様。画像を勝手に使ってしまい、また一部加工して掲示してすみません。もし問題がありましたら、ご連絡ください。画像は削除します。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年4月26日 (水)

20060426 首が凝るなら枕はしないほうがいい

アクセスありがとうございます。
よろしければ、私の整体サロンのホームページhttp://www.LaQuda.jpもご覧下さい。

_/_/_/_/_/_/

こんな題名を付けたら、枕を作っているところからクレームがきそうですね。
でも、これも私の「体験」ですので、正直にお話しようと思います。

ということで、今日は枕についてのお話です。

整体学校を卒業後、整体セラピスト免許を取得するまでに、一年ほど近所の整体整骨院で修行していました。もちろん私、平日勤務の普通のサラリーマンですから、土曜日だけの無給修行です。

その整骨院に来るお客さんと施術中にいろいろとお話するのですけど、あるパターンがあることに気が付きました。

「首が痛い」とか、「首が凝りやすくて」っていうお客さんのほぼ全ての方が、頚椎、つまり首の骨が真っ直ぐな状態になっています。ストレートネックって呼ばれるのですけど、通常湾曲している頚椎がまっすぐになっているため、衝撃を吸収しにくく,、また負荷もかかりやすいので凝りやすくなってしまいます。このことは、大概の整体のHPに書かれていますので、ご覧になった方も多いと思います。

っで、ここからが発見です。
お客さんたちにもう一つの共通点がありました。

ほぼ全員が、ある製品の枕を使っていました。具体的にどんな枕かはここでは申し上げられません。営業妨害になりますから。でも、首の凝りに悩まされている方々が感心を持っている枕ですから、そこそこ有名な商品です。しかも、たかが枕なのに、バカ高い!! 値段が高いから、使っているお客さんも、「こんないい枕だから首が痛くなるわけない。」って思い込んでて使い続けるんで、ますます首が痛くなる。

あるお客さんの場合、「首がこりやすいんですけど。」っておっしゃられるので首を触ったところ、やはりストレートネックでした。そして、『もしかして、○○○マクラを使っていませんか?朝起きたときに、マクラが頭の下にありますか?』と伺ったら、「(首を触っただけで)何故○○○マクラを使っていることがわかるんですか?(起きたら)確かに枕はどこかに行ってますね。」と不思議に思われていました。

毎週のように首が凝って来院されていたお客さんに、「○○○マクラを使わずに、バスタオルを畳んだだけの低い枕に変えてみてください。」とお願いしたところ、半分くらいのお客さんが翌週から来なくなりました。その後の様子はよくわかりませんが、おそらく枕を変えたことで首の凝りが少し軽減したのでしょう。

・・・院長、お客さんを減らしてしまってすみません。

さて。

実はこの枕、私のカミさんも使ったのですけど、ものの三日で使うのを止めてしまいました。私達夫婦も二人ともこの「ストレートネック」なのですけど、カミさんが「首にいいらしいよ」というので、まずはカミさんで試してみたのですけど、どうも調子が良くない。それどころか、かえって首が痛くなってしまう。

はっきり言ってこの製品、ストレートネックの場合の頚椎の形状を、まったく無視しているんです。

整体を学んで理解したのですけど、首の湾曲形状なんてみんな違うんです。しかもストレートネックの人は、そもそもまっすぐで湾曲なんてしていない。ところが、この○○○マクラっていう商品は、『首の湾曲に合わせた形をしているので、云々』って広告して、頚椎の湾曲形状に合わせたことを売り物にしているはずなのに、首のあたるところの形状は一種類だけ。つまりは、多様な頚椎の形状を無視してて、高さだけ多様にしています。しかもこのマクラを販売している方々、つまりはお店の方が人体解剖学を理解していると思えない発言をする。

とある整体院に行った時に、別のお客さんが同じ症状で枕のことを相談していました。ところがここの院長、『それは寝返りを打つからよくないんだ。』なんてとぼけたことをアドバイスしていました。整体を生業にしてても、こんなことを平気でお客さんにアドバイスする院長もいます。こんなお店に行くお客さんが可哀想です。実体験で話をしていないから、どうしてその枕を使うと首が凝るのかわかっていないんですね。

結局、整形外科の先生にも相談してアドバイスをもらったのですけど、ストレートネックの場合は、「枕は使わず」にバスタオルを3回ほど畳んだ程度の低い状態で寝るのがよいそうです。畳む回数や高さは、個人個人で合わせるのがよろしいかと。
実際やってみましたが、初めは頭がクラクラして慣れませんが、すぐに慣れてきます。そして、朝起きたときにも枕は頭の下にありますし、首も凝っていないことに気づくと思います。

もちろん、ストレートネックでない方にはこの製品はいいのかもしれません。
つまりは、広告をうのみにせずに、自分に合った物を探さないといけない、ということですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月25日 (火)

20060425 これまでで最高のサプリメント

アクセスありがとうございます。
よろしければ、私の整体サロンのホームページhttp://www.LaQuda.jpもご覧下さい。

_/_/_/_/_/_/

今日は日ごろお世話になっている、PHARMANEXさんのLifepakっていうサプリメントについてご紹介します。

このサプリメント、これまでいろいろなものを試してみましたが、一番「効く」ように感じます。ここ数ヶ月間、かなり調子が悪かったのですけど、これを毎日飲むようになってから、かなり調子がよくなりました。

この数ヶ月間、どれほど辛かったか少しお話しましょう。

昨年末くらいから、なんとなく身体の調子が悪くなってしまいました。

初めはリビングにあるテレビが見えにくくなったことで、急に左眼の視力が低下していることに気が付いたのですけど、その後首が痛くなったり、夜間に何度も目が覚めるようになったり、明け方に布団の中でめまいがするようになったり・・・。
それ以外にも熱が出たり、頻尿になったり、日を追うごとにもう散々な状態になっていってしまいました。

身体のあちこちが調子が悪くなるので、そのたびにいろんな病院に行きました。眼科に行って緑内障の検査をしたり、脳神経外科でCTスキャンで脳の検査をしたり、泌尿器科に行ってオシッコのいきおい検査やエコー撮影したりと、いろんな検査をしたのですけど、器質的な疾患、つまり身体のどこにも病気らしいところが見当たらないのです。

あなたが医療関係の方なら、ここまで読むと私のホントの病気がわかりますよね。
そうです。この症状、「うつ」状態です。

「死にたい」とか、「思考停止」なんて状態にはなっていないので、まだ軽~いレベルですから、病的なホントの「うつ」ではなくて、「うつ症状」レベルで世間では「プチうつ」ってかわいらしく呼ぶ人もいるそうですけど。実際は、そんな可愛らしいものではありません。

2月から3月がこのピークだったのですけど、片道90分かけての通勤はとっても辛いし、出社してもドヨヨ~ンとした気分のままで、な~んにもやる気が出てこないし。残業なんてもってのほかで、午後3時を過ぎたころからだんだん疲れがひどくなって、5時の定時にはもうクタクタ、くらくらです。

でもねぇ。

会社員って、これじゃ~いけないんですよ。こんな調子で頭が動かないのに、とりあえず出社して来てて、外見はただボーっとしているだけのように見えるから、引き受けたつもりもない仕事に「あの仕事はどうなった?」だの、「まわりのみんなは50時間オーバー申請して頑張ってるのに。」だの言われるわけですよ。言われるたびに、もう頭がクラクラして居室の机の上にゲロをぶちまけてしまいそうになるくらい辛いのに、無言の態度で責められたりもするわけですよ。

幸い、どうにも我慢できなくなったピークのときに、直属の上司にだけは病気のことを説明して理解してもらっていましたが、やっぱりなかなか一部のまねーじゃーさん方には理解してもらえなかったですねぇ。「病気かなんか知らんが、あいつはやる気が見えない。」とかね。

そりゃ中にはホントに心配してくれるマネージャーさんもいて、しかも思いがけない人から「大丈夫なんかぁ?」って聞かれると、会議中なのになんか少しウルウルしてきそうになったりします。会社の中にある健康推進室に行くと、保健師さんが親身になって相談に乗ってくれたりしますし。

こういう状態になると、親切な声をかけてもらうととっても嬉しくて、ウルウルしちゃいます。

おそらく、同じような辛い思いをした方、いま現在している方も多いのではないかと思います。この辛さは、なってみないとわかりませんよね。

でも、最近少しずつ気分がよくなってきています。

今から思えばピークを少し過ぎた頃だったのですけど、両親宅に帰省することがありました。そのときに、両親からPHARMANEXさんのLifepakを飲むことを勧められました。

私の両親、二人とも70歳を過ぎて金婚式までやってるくらいなのに、去年から喫茶店を始めるくらい元気一杯の老人夫婦です。しかも手作りクッキーまで出してて、連日けっこうなお客さんが来ているのに、元気よく楽しくお店をやってます。地元の新聞にまで載ってしまいました。

その両親の元気の素が、PHARMANEXさんのLifepakなんです。スゴイですよねぇ~。健康診断しても、どこにも異常がないそうです。二人足したら150歳を越えているんですよ。サプリメントを飲んで、普通の爺さん婆さんが、スーパー爺さん婆さんの仲間入りをしようとしています。

まずは両親が買ってストックしてあったものを、少し分けてもらって飲んでいるのですけど、2週間もするとだんだん気分も良くなって、少しずつ元気になってきました。
ちょうど同じ頃、東洋医学的処方で鍼灸を受けていてこともあって、夜もよく眠れるようになってきていて、朝のドヨヨ~ンとした気分が軽減し、かなり楽になってきています。

丸2ヶ月ほど、気分のすぐれない状況が続いていましたが、4月にはいってから徐々に回復してきて、ちょっと荒療治でしたけど、自分でも少しずつ残業するようにして身体に頑張らせるようにしてきました。

LifePackを飲み始めておよそ1ヶ月。
うつ状態」の気分も少しずつ取れてきています。たぶん、身体が動くようになって、それに合わせて気分も楽になってきたからだと思います。動けるようになったから夜も眠れるようになったし。もちろん、Lifepakを飲んで「うつ」が治るとは思いません。でも、元気が出てくるようになって、私は気分がよくなりました。

なかなかいいサプリメントに出会えていない方、PHARMANEXさんのサプリメントはオススメです。

ただこのサプリメント、一般のお店には売っていなくて、ディストリビューターって呼ばれる、専門に取扱いをされている方からの直接購入となります。詳しくは、PHARMANEXさんのホームページをご覧ください。Google検索で、「PHARMANEX」と入れると出てきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月18日 (火)

20060418 鍼治療のスゴさをもっと知って欲しいです

アクセスありがとうございます。
よろしければ、私の整体サロンのホームページhttp://www.LaQuda.jpもご覧下さい。

_/_/_/_/_/_/

題名を見て、「整体サロンをやってるのに、他の療術を奨励するの?」って不思議に思われたと思います。
実は、整体サロンを週末副業として開業していますが、お金や時間に余裕があったらホントは鍼灸の専門学校に行きたかったんです。でも現実にはできないので、実現したい「将来の夢」として今はその準備をしています。

今回は、その「鍼灸」についてのお話です。

最近、身体の調子がよくないので東洋医学的に治療して頂こうと、東洋医学的に鍼灸治療を行っている老舗の治療院で治療して頂きました。これがすこぶるいいんです。

「脈診」って呼ぶらしいのですけど、両手首の動脈の状態を確認して身体の調子の悪いところを診察してから治療開始です。先生からいろいろと説明して頂けるのですけど、鍼灸治療で使われる東洋医学用語は難しく、恥ずかしながらまったく理解ができません。「ジンがキョしている。」なんて何のことだかわかりません。でも、たぶんどこかが悪いのでしょう。整体をやっていますけど、やはり鍼灸の先生はスゴイなぁと敬意を表します(あらためて鍼灸の学校に行きたいなぁ、と思ってしまいます)。

1時間半ほどかけて調子の悪いところをくまなく治療して頂きました。
現在、治療してからおよそ一ヶ月経ちましたが、それまで続いていた身体の調子の悪さが嘘のようになくなり、いつも辛かった肩凝りもなくなってしまいました。ホント、鍼灸はすごいです。

鍼や灸って聞くと、体験したことのない人にとっては、「痛そう」とか「熱そう」っていう恐怖感のほうが先にたってしまうのではないでしょうか?実は正直に言うと、以前は私の同じように感じていました。でも、実際に受けてみると、鍼は痛くないし、灸もそれほど熱くありません。ちょっとだけ、チクっとくることはありますけど。

整体を自分で始めてからいろいろな療術を勉強していて、日本に古来から伝承されてきた「鍼」「灸」「按摩」「ほねつぎ」「整体」などの療術が、西洋医学的な治療とは違ったすばらしさがあることを知りました。

ちょっと余談ですが・・・。
あまり関係のないことですけど、どうして西洋医学がドイツで発達したかご存知ですか?まだ詳しくは知りませんが、医学史を調べていたら、ナチスが戦争中に人体実験をしていたことが発達の理由なんだそうです。つまり、強制連行されてきた人達を、生きたまま実験台にして西洋医学は発達してきたんですね。なんとも恐ろしいことです。

話を東洋医学に戻して。

例えば、接骨院の先生方が行っている柔道整復術(ほねつぎ)では、西洋医学的な整形外科とは異なり「無血」によって骨をつないだりするわけです。西洋医学だと、すぐに切って、開いて、つないで、縫って、って大きな傷が残りそうなのですけど、柔道整復術では、切らずに骨をつないでしまいます。これってスゴイと思いませんか。

鍼や灸では、経穴(いわゆるツボ)に刺激を与えて、人間が本来持っている自然治癒力を高めてくれますし、治療効果も高く、すごいことに副作用がまったくありません。まぁ、軽い「鍼あたり」とか「灸あたり」っていう症状は出るらしいですけど、それは身体が良くなってきている反応なのだそうです。

鍼灸で驚くのは、ツボからわずか5mmでも位置が違っていると、身体が何も反応しないことです。それこそ、痛くも熱くもありません。
鍼の場合「ひびく」というらしいのですが、鍼を打たれるとクーっとくる感覚があります。お灸の場合には、ツーんと刺激が深くに入るような感覚です。これがツボに入っていないと、何とも感じないのです。不思議ですし、このツボを探しだす鍼灸の先生もスゴイです。なんでも、360箇所ほど全身にはツボがあるそうで、鍼灸師の先生はその名前と効能、解剖学的な場所まで覚えているそうです。

鍼を扱う鍼灸師の先生にも、大きくわけて二通りの施術方法があると聞きました。一つは、古来からの東洋医学的な治療をする先生。もう一方は、西洋医学的に物理療法として鍼を使う先生です。最近、病院で鍼治療を行うところが増えてきましたけど、これは後者の物理療法的治療が多いそうです。

どちらの治療方法がよいのか、私にはわかりません。たぶん優劣なんてなくて、どちらも効くのだと思います。WHOにも登録されたということが、鍼が優れた治療方法であることを証明しています。

ただ、鍼灸は肌を露出させないと治療できませんから、女性のお客さんの場合どうしてもそれに抵抗がある人もいると聞いています。男性の先生から治療を受けてて、足に掛けていたタオルを剥がされたときに若干恐怖感があった。なんて話を聞いたこともあります。
でも、最近は女性の鍼灸師の先生方も、絶対数は少ないですけど、徐々に増えてきています。女性のお客さんが安心して治療を受けて頂くには、近くの女性の鍼灸師の先生をお探しになるのがよろしいかと思います。

整体やマッサージに頻繁に通っているけど、どうも肩凝りが取れない方。病院に頻繁に行くけど、なんとなく調子の良くない方。整体サロンを開業している私が言うのですから間違いありません。一度鍼灸治療に行くことをお勧めします。どんな鍼灸師の先生でも、肩凝りなんて「一撃」で治してくれます。ただ、その先生と、「合う/合わない」はあるようですけどね。「合う」先生に出会えることをお祈りします。

東洋医学に興味のある方は、東洋医学の原典「黄帝内経(こうていだいけい)」を読むことをお勧めします。
最近は簡単に漫画で解説された書籍も販売されています。ちなみに、私も一冊持ってて、愛読書にしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月13日 (木)

20060413 リビングで馬に乗る

アクセスありがとうございます。
よろしければ、私の整体サロンのホームページhttp://www.LaQuda.jpもご覧下さい。

_/_/_/_/_/_/

今回は、乗馬フィットネス機器「ジョーバ」<ヘルスダイエット>EU6442の紹介です。

初めてこの製品の名前を聞いたときには、「なんてふざけたネーミングなんだろう。」って正直思ってしまいました。
この健康器具、名前の通り「乗馬」するように機械に乗って、身体に負担をかけずに座るだけで筋力強化と基礎代謝や糖代謝をアップする装置です。名前のまんま。

安易なネーミングに文句をいいつつも一度聞くと忘れられず、いろいろと性能を調べているうちにその効果に期待するようになってしまい、とうとう2月末に購入してしまいました。

2ヶ月ほど実際使ってみると、名前なんてどうだっていい!って思えるすばらしい健康器具でした。

朝食断食ダイエットで60kg近くまで減量し、ウエストも76cmが楽に着れる体型になっていたのですけど、昨年5月にタバコを止めたことで食事がおいしくなり、体重がその後の半年で単調増加し、70kg近い元の体重に戻ってしまいました。
せっかく買い換えたズボンも79cmがきつくなり、とうとう元の82cmを履くようになってしまいました。

MBT(マサイ・ベアフット・テクノロジー)の靴を履いて、自宅と駅との往復をウオーキングしながら通勤していたのですけど、太もものや膝関節の調子はよくなっても、なかなか腹周りが細くなってくれません。

ところが、ジョーバを買って毎日15分ずつですけど乗るようになって、体重には大きな変化はありませんが、ウエストが少しずつ細くなってきたような気がします。まぁ、これは「そうなって欲しい」っていう願望なのかもしれませんが。

実際、体調として変わったのは、「腰痛がなくなった」っていうことです。これはMBTの靴の効果もあるのかもしれませんが、ジョーバに乗ることで腹筋も鍛えられたからだと思います。

腰椎に起因する器質的疾患などを除き、慢性的な(病気ではない)腰痛って、レーザーラモンHGさんのような腰の使い過ぎで痛くなる場合もありますが、あれほどハードに使わなくても痛くなってしまいます。その理由っていうのが、腹筋の緩みにあるようです。つまり背中の筋肉と、お腹の筋肉のバランスが崩れてしまったり、身体を支えられなくなって腰に負担がかかるようになって、慢性腰痛が出てくるっていうことです。ですから、ジョーバに乗ることで、背中とお腹の筋肉をバランスよく鍛えられることで、腰痛がなくなったのだと思います。

それから、ジョーバを購入すると使用説明用のDVDが付いてくるのですが、これに「ジョーバビクス」っていうジョーバを使った運動方法の指導ビデオが収録されています。
ちょうど1つのメニューが15分にあわせた収録で、ジョーバのスタートとDVDのスタートを合わせると、ジョーバビクスと同期して運動することができます。これは面白いアイデアですね。ジョーバが、「テレビを見ながら」っていう、「ながら」運動でできることをよく表していると思います。

購入者は50歳以上の方が多いと購入先の店員さんから聞きましたが、たしかに15分乗っても呼吸が乱れることもないし、身体に負担がかかっているようにも感じません。ただし、通常スピードのモードを選択した場合ですけど。最高速度にセットすると、やはりそれなりに疲れます。でも、通常のゆっくりしたスピードでも、しっかり太ももや腹筋や背筋は鍛えられてて、無理なく運動できるものだと思います。

ジョーバならテレビを見ながら運動ができます。しかも動作音が小さくて、十分テレビの音も聞こえます。運動しないといけないってわかってても、なかなかテレビの前から離れられない人。こういう人にジョーバはお勧めの健康器具だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »