« 20060312どら猫2 その16~安心してドライブを楽しめる | トップページ | 20060413 リビングで馬に乗る »

2006年3月15日 (水)

20060315どら猫2 その17~まとめ

ここまで、どら猫2を搭載しての感想などをいろいろと述べさせてもらいましたが、ここでどら猫2の「すごいところ」や「こうしたらいいのに」っていうところをまとめて報告したいと思います。
ただし、他社製品と比較して云々、っていうと、どら猫2の本当のよさや改善して欲しい点がわからなくなるので、絶対的な評価を述べたいと思います。

(どら猫2の購入方法や詳細仕様などは、この写真をクリックするとどら猫2を販売しているテックジャムさんのページが表示されますので、そちらでご覧ください。)

☆すごいところ

1)値段が手に届く範囲になってきた。
大きさや性能から考えて、レーダー探知機と同じくらいかと。だとすると5万円以下でないとコンシューマー向けは無理と考えていましたが。ようやくこの価格帯になってきたようで。

2)設置方法がとっても簡単。
これまでに簡単な車載品を取り付けたことのある人ならだれでもできるレベル。本体をフロントガラスに付けて、コードをシガーライターソケットに入れるだけ。

3)カメラが固定なので、余計な位置合わせが不要なのがいい。
しかも衝撃に強くて、ドライブレコーダー本来の性能が達成できている。

4)電源が切れても、CFに記録されるのがいい。
つまり事故のときにバッテリーがだめになっても、録画データをCFに移動する分の電源が蓄えられている。これはスゴイです。ドライブレコーダーとは何のための製品か、ってことをよく考えてくれていると感心した。

5)再生ソフトがCFに入っている。
CFに再生ソフトも格納されてて、PCに特別なソフトをインストールする必要なく、CFカードが読めるXPか2000のOSが入ったPCなら、どれでも画像を読み出せる。

6)衝撃感度をソフト的に変更できるようにしている。
本体にトリマなんかつけて変更できるようにしてたら、クルマの振動で変わりやすい。それに、十分初期設定できているから、いちいち合わせなくていいところもいい。

7)映像が滑らか。
撮影された画像が秒間30コマと、滑らかに再生できる。これくらいのコマ数だと、歩行者、自転車のみならず、動いている自動車の動きも十分綺麗に録画できる。

8)強制録画機能が付いている。
しかもそのスイッチが大きくて押しやすい。実際にやってみると、その良さがわかる。
本体に衝撃を与えても録画ができるかもしれませんが、この方法だと本当に録画できるのか心配になります。その点、押しやすい強制録画スイッチが付いているのは、とってもいいと思います。

9)撮影範囲が広い。
でも、広すぎずというところ。これは、どら猫でのノウハウがあるのでしょう。ちょうどいいくらいの撮影範囲で、運転者が見えている範囲がすべて録画されているものと思います。

★ここを改善して欲しいっていうところ

1)価格はもう少し安いといいかな?もっと普及させるには、もう少し安いほうがいいと思います。3万円を切るくらい。

2)できれば画像の解像度がもう少し欲しい。
まぁ、これはCCDの価格や外部ICの性能に依存するから、時が解決してくれると思いますが。

3)大きさはいいとしても、もう少し薄くならないかな?。
CFの大きさや、内部電解コンデンサの大きさなど、いろいろと制約があるとは思いますが。ちょっと厚いように感じます。

4)色を選べるといいかも。
銀色単色ではなくて、黒がいいユーザーもいるでしょうし、ボディーの色と合わせて赤がいい人もいるでしょうし。法律の問題があるのかな?

5)だれでも入手できるようにして欲しい。
ネット販売や一部地域店舗での販売だと、まだまだ一部の人にしか入手できない状況ですよね。ドライブレコーダーは、もっと普及して欲しい製品だから、もっと容易に入手できるようにして欲しいですね。

ドライブレコーダーっていう装置は、本当は必要のない状況になるのが一番なのかもしれません。でも、現状ではやはり必要なわけで。自分の身は自分で守らなければならない世の中ですから。

以上、ドライブレコーダーの購入を検討されている方、どら猫2に興味のある方の参考になればと思います。

|

« 20060312どら猫2 その16~安心してドライブを楽しめる | トップページ | 20060413 リビングで馬に乗る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 20060315どら猫2 その17~まとめ:

« 20060312どら猫2 その16~安心してドライブを楽しめる | トップページ | 20060413 リビングで馬に乗る »