« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005年6月11日 (土)

20050611 朝食断食ダイエットで痩せられるか?

アクセスありがとうございます。
よろしければ、私の整体サロンのホームページhttp://www.LaQuda.jpもご覧下さい。

_/_/_/_/_/_/

ダイエットは食事制限だから家族の協力が必要なの。とのカミさんの提案で、私も初めて体重が70kgの大台に乗ったこともあって朝食断食ダイエットを始めることにしました。

この方法はいたって簡単で、かいつまんで説明すると、
・朝食は食べない。
・午前中は何も食べずに体内の老廃物や毒素を体外に出す。
・脱水症状を起こすことがあるので水は十分に摂る。
・昼食は麺類やおにぎりなど炭水化物を主にする。
・夕飯はこれまで通りに食べる。
まぁこんなところですけど、私達の場合は会社の産業医にも相談して、午前中の水分補給の他に青汁や無塩トマトジュースなどを飲むようにしました。

ダイエット効果の結果から言うと、「人によって違います。」です。ありきたりな表現ですけどこのようです。つまり、もともと筋肉質な男性の私には効果がありましたが、ちょっと皮下脂肪の多い女性のカミさんにはあまり効果がなかったようです。

この朝食断食ダイエット、始めて数週間は午前中に便が大量に出るので困ったことになります。とにかくすごい量のオシッコが出ます。30分おきにまともな量のオシッコが出るので、午前中に会議なんてあると「あいつままた便所か?」なんて上司から嫌味を言われてしまいそうです。接客関係のお仕事や持ち場を離れられないお仕事をされている方には、勧められるダイエット方法とは思えません。やるときは覚悟が必要かと。

でも効果はかなりあります。男性の私の場合には、ある日を境にして、突如として見る見るうち体重と体脂肪率が下がってきます。私の場合は、70kgあった体重がいっきに60kg、体脂肪率は15%まで下がりました。でも夕飯をしっかり食べるので、ストレスも溜まりませんし、とっても快適です。ただし、午前中の空腹感に慣れるまでは時間がかかります。身体から不要な水分が出きってしまったのか、徐々に午前中の大量のオシッコも治まってきます。体重や体脂肪率が下がりきったところで治まるようです。身体も軽くなって、通勤は駅まで20分ほど歩くのですけど、苦にならなくなってきました。

栄養学の先生方からは睨まれてしまいそうな朝食断食ダイエットですが、私の身体には合っていたようで次のような二次効果がありました。

☆胃腸が丈夫になった。それまでいつも下痢をしたり、胃がもたれて胃薬を常用していたのですが、下痢もしなくなり胃の痛みもなくなりました。おそらく空腹期間ができて、胃腸を休められるようになったからだと勝手に考えています。

☆足のくさいのが治りました。カミさんから「くさいくさい」といつも嫌がられていたのですが、朝食断食ダイエットを始めてしばらくしてから足の臭いが少なくなりました。それまでは靴も臭いし、スリッパなんてすぐに異臭がしてくるような状態だったのですけど。身体から毒素が抜けたのかもしれません。

いろいろなダイエット方法が巷にありますが、人それぞれに合う/合わないがあるのだと思います。私の場合は、この朝食断食ダイエットがとても身体にあっていましたが、それぞれに工夫して合わなかったらずるずるやらずに、スパっと違う方法に変えることも必要かと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »